» page top
hibiki_2

「マンガ大賞2017」受賞作『響 〜小説家になる方法〜』の柳本光晴はまさに”響”だった!?
2017年8月10日


ロックな気持ちみたいなものは持っていたい

―― ブログを拝見していると、今年とか次の目標として『響』以外の作品も描いてみたいなということですが、今後、描きたいジャンルは何でしょうか?

柳本:ずっとラブコメ描いていたので、ラブコメで描きたいのもあれば、あと最近映画を見ていると、自分がホラー物が好きだなってわかってきたので、ホラー、ミステリー要素のあるのを短期で描きたいなと思います。さすがに『響』をやりながら、他の連載もやりたいとは思えないので、時間さえあればやりたいのですけど。とにかく僕はネームも作画も時間がかかるので。でもたまに編集さんとお話していてこういうアイディアあるって言うと、別の雑誌でもう1個やってくださいって(笑)。

―― 過去の作品の中でも『きっと可愛い女の子だから』、『女の子が死ぬ話』全部女の子が主役で、今回の『響』についてもそうなのですが、マンガを描かれる際のこだわりはありますか?

柳本:意識なくマンガ描くときはどうしても主人公が女の子になってしまうのですよね。これは自分でもわからないです。ですので、特に女の子を描くぞとか、自分の中で何かがあるのではなく自然なものですね。一度意識的に男を主人公にした話を考えてみましたが、全然キャラが動いてくれませんでした。今のところ主人公は女の子じゃないと描けないですね。なぜかわからないですけど。

03
※『響 〜小説家になる方法〜』4巻より

―― 『響』を読んでいるとすごくロックだなっていうか(笑)、自分がいいって思うものをいいって言って何が悪いみたいな感じがしますね。

柳本:ロックな、そういう気持ちは持っていたいですよね。

待永:サブキャラの田中なんかはロックな感じでしたよね。

柳本:あれはちょっと意識して。まあギャグですけどね。

―― やっぱり商業誌でもロックでいたいっていうのは、同人誌から移ってきた経験と関係はありますか?

柳本:それは全然関係ないです。実際同人誌の人でもそういう商業主義とかは最悪だ、と言う方もいて、それはそれで考え方として全然いいと思うんですよね。編集者に自分の作品に意見をまったく入れられたくないとか。あまり僕はそこに関して、何とも思ってないですね。作品が良くなるのであればいくらでも手を入れられても構いません。編集さんという客観的な目で見るっていう事は絶対必要だと思っているので。でも、実際に作るときに何を言われても「はい、はい」かと言われると、そうでもないですよね。

―― そこは編集さんと意見をぶつけ合って、作品を作りあげるイメージですか?

柳本:結構、1話、1話作っているところがあって、その次の話の方向性を最初相談させてもらって、そこで固まったらそれを描くみたいな感じです。

待永:読者として引っかかるところとか、読みにくいところとか、柳本さんが考えている意図と別の読み方が出来るかもしれないということですね。後は単純に面白いか、面白くないか。大前提はそれですね。

―― 『響』に出てくるキャラクターの中で、自分に1番似ているのはリカということですが。

柳本:それに関してはやっぱり響だと本当に周りからも言われます。描きやすさでいえばリカさんが描きやすいです。ギャルで良くしゃべる子っていうのはまあ描きやすいですね。

―― 逆に自分と一番離れているというか、自分から遠い位置にいるキャラクターは?

柳本:大人になるほどちょっと描きづらくて、最初、花井は大人をちょっと意識しちゃったので描きづらかったのですけど、それを意識せずに描くようになってからは描き易くなりました。あまり自分の中じゃないところのものを描こうとすると意識しちゃうところはあります。だから最近はそういう意識せずに、大人だからこうだとか、高校生だからこうとかまたく考えずに、描いています。

―― 連載が進むなかで、キャラクターが変わることはありますか?

柳本:僕はあまり理屈をつけて描いたり、先をすごく計算していくタイプではないので、なんか自分で「こいつちょっと使いやすいよな」ってピンと思ったら、ちょっとずつ変えています。

待永:よく少年誌で「あれは伏線だったのか!」といいう展開があるじゃないですか。何十話も先にそのキャラクターが出てくるような。ですが、当初から本当に作家さんがそこまで考えられていたのかはわからないです。考えている方もいると思いますけど、やはりある時に、急に出てきたりすることがあるのかなって思います。

柳本:連載をやっていて思うのが、とりあえず何かしら種を撒いておけば、思わぬところで収穫できたりするってことです。だって『ドラゴンボール』の悟空が月見て変身するって時点で、サイヤ人は考えてないでしょう。

―― 『響』には、本当に色々なキャラクターが出て、かなり登場人物も多くなってきましたよね。新しいところでは、純文学の舞台を一旦切り離して、ラノベの舞台へと移りましたが。

柳本:そうですね。また、純文学とは違う方向に行ったのですが、カヨちゃんが勝手に応募しちゃったからしょうがないという事ですよね(笑)。

―― 響も結構ぶっ飛んだキャラクターっていうのがあるのですが、まだわかりやすい。でも、カヨちゃんもだいぶ、ぶっ飛んでる(笑)。

柳本:それこそ彼女が今になってすごく使いやすく動いてくれた。純文学みたいな世界だと彼女は関係なさすぎるのですが、ライトノベルだとか。彼女に関してもそんなにぶっ飛んでいるつもりもない、それこそ友達の写真を勝手にアイドルのオーディションに応募しちゃう人っているわけじゃないですか。その一環の感じですが、まあ普通にバカな子だなって思います。バカな子って描きやすいのですよね、彼女は今描いていて楽しいですね。

―― このあたりは連載始められたときに頭にあった部分じゃなくて、いろいろとキャラクターが動いていく中で生まれた展開ですか?

柳本:そうですね。いつのまにかこういう話の展開になっていたなっていうところです。

―― 現時点で『響』という作品のゴール地点はどこでしょうか?

柳本:1つ言えるのが、やっぱり響の高校生活3年間を描きたいというのがあるから、どういうことになるにしろ彼女が途中で死ぬことはたぶんないと思います。おそらくは最後は卒業式ですね。ただ本当にわかんないけど、卒業式終わって、その後『響 SUPREME』っていう形で続くかもしれませんね(笑)。取りあえず卒業式である程度の1つの区切りにはなるでしょう。

―― あと1、2年分くらいですかね。その中で響のまわりにどういう事が起こっていくのかっていうのを先生自身も楽しみですね。

柳本:はい。どうなるのだろうなって思いながら。

次ページ>読み直したら意外と面白いって思ってほしい



過去記事はこちら!

「映画には人生を変える力がある」『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』前田哲監督インタビュー

20181130_155606
講談社ノンフィクション賞と大宅壮一ノンフィクション賞を受賞した『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』が、今月28日(金)に公開されます。本作は、筋ジストロフィー症を患っている主人公・鹿野靖明と鹿野さんを支えるボランティアの克明な記録とともに「生きる」とはど...(2018年12月26日) >もっとみる

本は日用品 『本屋の新井』の著者・新井見枝香さんの哲学

unnamed
 「新井さんがプッシュした本はヒットする!」という都市伝説(?)もあるほどのカリスマ書店員が三省堂書店にはいる。それが今回『本屋の新井』を出版した新井見枝香さんだ。 本を読む人が減り、書店も年々減り続ける状況のなか、それをもろともせず、独自のアイディアで本を売り、テレビやラジオなど...(2018年11月16日) >もっとみる

ラブコメ王・瀬尾公治先生が描く少年漫画編集部の熱い現場が舞台の『ヒットマン』

51W+hCWmhzL (1)
 『涼風』、『君のいる町』、『風夏』と3作連続アニメ化され、ラブコメ王ともいえる瀬尾公治先生。  今回は、最新作で新人編集者♂と新人マンガ家♀が少年漫画編集部を舞台に週刊20Pに命を懸ける情熱を描いた『ヒットマン』が10月17日に発売された。...(2018年10月29日) >もっとみる

どうして目がよくなると若返るの? 著者・日比野佐和子先生と、監修・林田康隆先生に聞いてみた

4
  関連記事一覧【立ち読み連載】日比野佐和子先生の新刊『目がよくなると 10歳若返る』 ←毎日17時更新!!//   10月に発行されたゴマブックスの新刊『目がよくなると、10歳若返る』。この本の著者である日比野佐和子先生は、『眼トレ』をはじめ累計55万部を超える著書のほか、アンチエイジング専門医としてテレ...(2018年10月25日) >もっとみる

直木賞受賞島本理生さん 『ファーストラヴ』というタイトルに込めた想い

IMG_4328(I)のコピー
今回は芥川賞に4回、直木賞に2回ノミネートされ、第159回直木賞が念願の受賞となった島本理生さんです。 受賞作の『ファーストラヴ』は、ある事件をきっかけに見えてきた家族間の闇に迫るミステリー風の作品となっている。 電子書籍ランキング.comでは、受賞した思いから作品への思いまでをお伺いしました。...(2018年09月28日) >もっとみる