» page top
hibiki_2

「マンガ大賞2017」受賞作『響 〜小説家になる方法〜』の柳本光晴はまさに”響”だった!?
2017年8月10日


読み直したら意外と面白いって思ってほしい

―― 大賞を受賞されて、いろいろな方から作品への反応があったと思いますが、その中で柳本先生が感じる意外な意見はありますか?

柳本:これは言えば言うほど不思議ちゃんぶっているみたいに思われるので嫌なのですが、響ってそんなにも変わっている子かな? と自分では思っています。みんな「すごくぶっ飛んでる」とか、「見たことのないヒロインだ」とか言いますが、本当に今でもピンと来ないんです。僕は結構、オーソドックス、普通とまでは言わないとしても、なんかベタなキャラクターぐらいのつもりは多少あるのですよね。でもどこ見ても、それこそ今の『響』1巻の賛否両論の否の意見が、やっぱり響っていうキャラクターがすごくうけつけないという意見もあって、「可愛そうだな、響」って感じています。なんとか彼女の良いとこもわかってもらえるようにやりたいのですけど。
比べるものじゃないですけど、『ドラゴンボール』の初期、ブルマって悟空と会うなり拳銃で悟空バンバン撃っていたんですよ。あそこの時点で確かにギャグだからっていうのはあるかもしれないですけど、それと比べたら響の行動だってそんなにぶっ飛んでないのにな(笑)…..ちょっと僕はずれているのかな? と思いつつマンガとしてとりあえず面白くなるように、あんまり考えすぎないようにしています。いつか響の良さもいつかみんなにわかってもらえるといいね、って思いながら描いていいます。

―― 1巻で批判的なことを言っていた人もたぶん2巻3巻読んでいくと、その良さも伝わりますね。

柳本:出来ればそういった人たちにも、マンガ喫茶とかでもいいし、ふとしたときに読んでもらえて「そんな悪い子じゃなかったかな」って思ってもらえるように、頑張っていきたいですね。なので、できればつまらないといっていた人がいつかまた手に取ってもらえると嬉しいです。

―― では、この記事で、ぜひそのへんを(笑)。読まなくなってしまった人に改めて良さをわかってもらいたいですね。

―― 最後に読者の方々へメッセージをお願いします。

柳本:読んでくれている人に関しては本当に今までもありがとうございます。
好きだって言ってくれている人に関しては本当に御礼しかないです。ありがとうございます。今後ともよろしくお願いします。
嫌いと言っている人に対しても、改めて読み返したら意外と面白いなと思ってもらえるかもしれないので、折に触れちょっと読んでもらえるとありがたいです。毎回毎回次こそはもっと面白くなるようにと思いながら描いているので、しばらくしたら、もしかしたら面白いかもしれないので、できればちょっと手に取って欲しいです。

 

柳本光晴(やなもと・みつはる)
漫画家。2014年から『ビッグコミックスペリオール』(小学館)で『響 ~小説家になる方法~』を連載し、「マンガ大賞2017」を同作で受賞。2013年から2014年にかけて、『月刊アクション』で『女の子が死ぬ話』を連載。

 

柳本光晴先生作品紹介

51ME7K94nCL

<内容紹介>
とある文芸編集部の新人賞宛に送りつけられた、直筆の投稿原稿。
編集部員の花井は、応募条件を満たさず、
ゴミ箱に捨てられていたその原稿を偶然見つける。
封を開けると、これまで出会ったことのない
革新的な内容の小説であった。
作者の名は、鮎喰響。連絡先は書いていない・・・

kindlekoboibooksgoogle

 

 

★柳本先生インタビュー記念プレゼントキャンペーン!!

今回は柳本先生の直筆サイン入り色紙1枚を1名の方にプレゼント致します!

●プレゼント応募方法
電子書籍ランキング.comのTwitterアカウント(@densyoranking)をフォローの上、下記応募ボタンを押してツイートしてくれた方の中から抽選で、1名様プレゼントさせていただきます。

●応募期間
2017年8月10日(木)~9月15日(金)

●当選発表
当選者の方には、電子書籍ランキング.com公式Twitter(@densyoranking)のアカウントより、ダイレクトメッセージ(DM)でご連絡いたします。

●柳本先生直筆サイン入り色紙

20170810190036_00001

 

 

 

 

 

 

柳本先生直筆サイン色紙プレゼントキャンペーンに応募する!

関連記事一覧

【書評】『響 小説家になる方法』

【ニュース】マンガ大賞2017は柳本光晴の「響〜小説家になる方法〜」に決定!

【ニュース】「圧倒的な天才を描きたかった」 響感あふれる作者柳本光晴、マンガ大賞受賞作『響』を語る

bnr_komikado003



過去記事はこちら!

「映画には人生を変える力がある」『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』前田哲監督インタビュー

20181130_155606
講談社ノンフィクション賞と大宅壮一ノンフィクション賞を受賞した『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』が、今月28日(金)に公開されます。本作は、筋ジストロフィー症を患っている主人公・鹿野靖明と鹿野さんを支えるボランティアの克明な記録とともに「生きる」とはど...(2018年12月26日) >もっとみる

本は日用品 『本屋の新井』の著者・新井見枝香さんの哲学

unnamed
 「新井さんがプッシュした本はヒットする!」という都市伝説(?)もあるほどのカリスマ書店員が三省堂書店にはいる。それが今回『本屋の新井』を出版した新井見枝香さんだ。 本を読む人が減り、書店も年々減り続ける状況のなか、それをもろともせず、独自のアイディアで本を売り、テレビやラジオなど...(2018年11月16日) >もっとみる

ラブコメ王・瀬尾公治先生が描く少年漫画編集部の熱い現場が舞台の『ヒットマン』

51W+hCWmhzL (1)
 『涼風』、『君のいる町』、『風夏』と3作連続アニメ化され、ラブコメ王ともいえる瀬尾公治先生。  今回は、最新作で新人編集者♂と新人マンガ家♀が少年漫画編集部を舞台に週刊20Pに命を懸ける情熱を描いた『ヒットマン』が10月17日に発売された。...(2018年10月29日) >もっとみる

どうして目がよくなると若返るの? 著者・日比野佐和子先生と、監修・林田康隆先生に聞いてみた

4
  関連記事一覧【立ち読み連載】日比野佐和子先生の新刊『目がよくなると 10歳若返る』 ←毎日17時更新!!//   10月に発行されたゴマブックスの新刊『目がよくなると、10歳若返る』。この本の著者である日比野佐和子先生は、『眼トレ』をはじめ累計55万部を超える著書のほか、アンチエイジング専門医としてテレ...(2018年10月25日) >もっとみる

直木賞受賞島本理生さん 『ファーストラヴ』というタイトルに込めた想い

IMG_4328(I)のコピー
今回は芥川賞に4回、直木賞に2回ノミネートされ、第159回直木賞が念願の受賞となった島本理生さんです。 受賞作の『ファーストラヴ』は、ある事件をきっかけに見えてきた家族間の闇に迫るミステリー風の作品となっている。 電子書籍ランキング.comでは、受賞した思いから作品への思いまでをお伺いしました。...(2018年09月28日) >もっとみる