» page top
TOP

「まさに等身大の私」。ミュージカル「魔女の宅急便」主演の上白石萌歌さんが感じる主役キキとの共通点
2017年8月25日


私自身がキキとして生きたい

170601_m_0024

―― キキは13歳で魔女になるため知らない町で一人暮らしを始めますが、それに関してはいかがでしょうか。

上白石 キキと同じ13歳の時に、私も鹿児島から東京に出てきたので、そこの部分はすごく重なるなって思いました。キキが不安だったように私もすごく不安な気持ちを抱えて上京してきたので。私もキキと同じようにこれからもっと成長していかなきゃいけない、そこの部分は同じなので、舞台を通して一緒に成長していけたらいいなと思っています。

―― キキは一人っ子で育ち、コリコの町でも一人ぼっちですが、そんなキキについてどう思いますか。

上白石 知らない町で、住むところから自分で探さなきゃいけないっていうのは不安だと思いますね。キキは途中からパン屋のグーチョキパン店で寝泊まりをさせてもらうんですが、それまではどれだけ不安だったんだろうって想像すると計り知れないですね。
私も東京という知らない街で、ビルは高いし、電車は速いし、人も多いしっていう感じでした(笑)。なので、そういう部分というのは、思い出しながら演じられるのではないかと思います。

―― 上京したときの実体験を活かせると(笑)。キキは黒猫のジジが一緒ですね。

上白石 心強いですね(笑)。キキは慌てん坊でおっちょこちょいな部分がある子ですが、ジジはそれを、「ちゃんとしろよ!」と、お母さんみたいにしっかり支えてくれるイメージです。そういう存在が近くにいてくれるという意味で、本当に頼もしいパートナーですよね。

―― お話からキキと多くの共通点があるとのことでしたが、どんなキキを演じたいなどありますか。

上白石 本からそのまま抜け出してきたキキも魅力的だと思うんですが、私が演じることで、もっと生き生きした部分や人間味を出していきたいと思っています。舞台を観ている人がキキの想いに共感して、応援したいなって思ってもらえるようなキキを演じたいと思いますし、私自身がそういうキキとして生きたいです。

170601_m_0186

―― 今回共演でコリコの街に住んでいる学生のトンボ役の阿部顕嵐さん(ジャニーズJr.)、パン屋のおかみさんのおソノ役で元宝塚歌劇団の星組と雪組でトップ娘役を務めていた白羽ゆりさんとご共演されます。阿部さん、白羽さん、それぞれの印象を教えてください。

上白石 阿部さんに「キキです」って挨拶をしたら、「トンボです」と返してくださったので、役になりきって仲良くやりたいと思っています。

―― 白羽さんは宝塚歌劇団で活躍し、退団後も舞台やテレビなどで活躍され、女優としては大先輩にあたるわけですが、今回のミュージカルを通して学びたいことなどはありますか?

上白石 今回の舞台が2回目なので、まだまだ分からないこともたくさんあります。前回の『赤毛のアン』は、初めてという事で舞台がすごく大きく感じ、周りが見えていないことが多々あったと思います。今回はその反省も活かしていきたいと思いますし、歌への気持ちの込め方など舞台上での表現の仕方を学びたいと思っています。

―― 最後にミュージカルを楽しみにしているファンの方に、メッセージをお願いできればと思います。

上白石 キキが一人前の魔女になるために、いろいろな葛藤と向き合うシーンもありますが、たくさん笑えて、ほろっと泣けてしまうようなシーンもあり、素敵な舞台になると思うので、皆さんぜひご覧になってください。

上白石萌歌(かみしらいしもか)
2000年鹿児島県生まれ。2011年、第7回「東宝シンデレラ」オーディションで、当時最年少の10歳(小学5年生)でグランプリに選ばれ芸能界入り。同年9月号から、雑誌『ピチレモン』の専属モデルとして活躍。2012年2月ドラマ『分身』で女優デビュー。2016年にはミュージカル『赤毛のアン』で主演・アン役を務め、キリン「午後の紅茶」のCMや2017年公開、映画『ハルチカ』などに出演し注目を集めている。

 

公演情報

ミュージカル『魔女の宅急便』

<東京公演>
■会場:新国立劇場 中劇場 (東京都)
■日程:2017/6/1(木)~17/6/4(日)

<大阪公演>
■会場:梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ (大阪府)
■日程:2017/8/31(木)~17/9/3(日)

■原作・監修:角野栄子 (「魔女の宅急便」福音館書店刊)
■脚本・演出・振付:岸本功喜
■作曲・音楽監督:小島良太

■出演:
キキ:上白石萌歌
トンボ:阿部顕嵐(ジャニーズJr.)
コキリ:岩崎ひろみ
オキノ(Wキャスト):横山だいすけ/中井智彦
フクオ(Wキャスト):藤原一裕(ライセンス)/なだぎ武
おソノ:白羽ゆり

■公式サイト:http://www.musical-majotaku.jp/

■ストーリー: 13歳になった魔女のキキは、古くから伝わる習わしにのっとり相棒の黒猫ジジと共に満月の夜に旅立つ。自分で新しい町を見つけ、一年後には自力で暮らせるようにならなければいけないが、空を飛ぶ魔法しか知らないキキは、新しい町コリコでも様々な壁にぶつかる。皆が家族同然の小さな街で育ったキキは、大きな町での価値観の違いに驚き、また魔女であることに対する好奇の目や偏見にも苦しむ。自分という小さな存在に葛藤しながらも、飛ぶことに憧れる少年トンボとの交流や、パン屋のオソノさんに励まされながら、思春期の少女は少しずつ成長していく。オソノさんの提案で飛べることを生かしお届けもの屋さんを始めたキキだが、なかなかうまく町に馴染むことができない。何かとちょっかいを出してくるトンボへの淡い恋心も、まだまだ子どものキキにはその気持ちを整理することができない。そんな中、町長からある依頼がくる。それは町の一年で一番大きな行事に関わる重要な仕事。キキは無事にその依頼を果たせるのか。そしてトンボとの淡い恋の行方はどうなっていくのか。

 

原作紹介

41jreaUYUoL

<内容紹介>
お母さんは魔女、お父さんは普通の人、そのあいだに生まれた一人娘のキキ。
魔女の世界には、十三歳になるとひとり立ちをする決まりがありました。
満月の夜、黒猫のジジを相棒にほうきで空に飛びたったキキは、不安と期待に胸ふくらませ、コリコという海辺の町で「魔女の宅急便」屋さんを開きます。
落ち込んだり励まされたりしながら、町にとけこみ、健やかに成長していく少女の様子を描いた不朽の名作。

kindlekoboibooksgoogle

 

関連記事一覧

【書評】『魔女の宅急便』

bnr_komikado003



過去記事はこちら!

「映画には人生を変える力がある」『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』前田哲監督インタビュー

20181130_155606
講談社ノンフィクション賞と大宅壮一ノンフィクション賞を受賞した『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』が、今月28日(金)に公開されます。本作は、筋ジストロフィー症を患っている主人公・鹿野靖明と鹿野さんを支えるボランティアの克明な記録とともに「生きる」とはど...(2018年12月26日) >もっとみる

本は日用品 『本屋の新井』の著者・新井見枝香さんの哲学

unnamed
 「新井さんがプッシュした本はヒットする!」という都市伝説(?)もあるほどのカリスマ書店員が三省堂書店にはいる。それが今回『本屋の新井』を出版した新井見枝香さんだ。 本を読む人が減り、書店も年々減り続ける状況のなか、それをもろともせず、独自のアイディアで本を売り、テレビやラジオなど...(2018年11月16日) >もっとみる

ラブコメ王・瀬尾公治先生が描く少年漫画編集部の熱い現場が舞台の『ヒットマン』

51W+hCWmhzL (1)
 『涼風』、『君のいる町』、『風夏』と3作連続アニメ化され、ラブコメ王ともいえる瀬尾公治先生。  今回は、最新作で新人編集者♂と新人マンガ家♀が少年漫画編集部を舞台に週刊20Pに命を懸ける情熱を描いた『ヒットマン』が10月17日に発売された。...(2018年10月29日) >もっとみる

どうして目がよくなると若返るの? 著者・日比野佐和子先生と、監修・林田康隆先生に聞いてみた

4
  関連記事一覧【立ち読み連載】日比野佐和子先生の新刊『目がよくなると 10歳若返る』 ←毎日17時更新!!//   10月に発行されたゴマブックスの新刊『目がよくなると、10歳若返る』。この本の著者である日比野佐和子先生は、『眼トレ』をはじめ累計55万部を超える著書のほか、アンチエイジング専門医としてテレ...(2018年10月25日) >もっとみる

直木賞受賞島本理生さん 『ファーストラヴ』というタイトルに込めた想い

IMG_4328(I)のコピー
今回は芥川賞に4回、直木賞に2回ノミネートされ、第159回直木賞が念願の受賞となった島本理生さんです。 受賞作の『ファーストラヴ』は、ある事件をきっかけに見えてきた家族間の闇に迫るミステリー風の作品となっている。 電子書籍ランキング.comでは、受賞した思いから作品への思いまでをお伺いしました。...(2018年09月28日) >もっとみる