» page top
IMG_1539アイキャッチ用のコピー4

14歳の誕生日に小説家デビューで出版界が大注目!著者・鈴木るりかさんが語るデビュー作『さよなら、田中さん』と鳥肌が立つほどの才能!
2017年11月29日


キャラクターが勝手に動く

IMG_1549_1

―― 『さよなら、田中さん』のエピソードは、小学生ならではのエピソードが多く散りばめられています。実際にるりかさんが体験したエピソードなどはあるのでしょうか。

鈴木:例えば「Dランドは遠い」で、花実ちゃんが自販機の下の釣銭を漁っているシーンがありますが、あれは実際に、私の学校で流行っていた事でした。
クラス内で「あそこの自販機の下にはお金が落ちている。」みたいな話で当時は盛り上がっていました。

―― やはり、そういった自分で起きた出来事なども書かれているんですね。
主人公の花実ちゃんのお家は母子家庭という設定ですが、どのように思いついたのでしょうか。

鈴木:ちゃんとしたモデルはいませんが、近所に引っ越してきた母子家庭の親子がいて、母と娘の二人暮らしという設定だけお借りしました。
2つ年上の子だったのですが、新鮮というかどういった生活なんだろうと考えるきっかけになり、お母さんと2人の生活を想像しながら、話を作りました。

―― その他ですと中学受験の話も出てきますが、中学受験をする子は周りでもいましたか。

鈴木:いましたね。物語のように誰がどこの学校に行くみたいなどの話もクラス内ではたまにありました。

―― やはりそうなんですね。このストーリーはどのように決めていったのでしょうか。

鈴木:まずは設定を考えます。そこからキャラクターたちがストーリーを作り上げていく感じです。
設定は想像だったり、見たり聞いたりしたなかで気になった物事を参考にしています。
そこからキャラクターが勝手に動いてストーリーができていく感じです。この感覚は初めて書いた日からありました。

―― 「キャラクターが動く」というのは、多くの著名作家さんのようですね。

鈴木:何か引っかかるモノは割りと細かく覚えたりしています。
例えば「いつかどこかで」の中に「食器棚の奥の骸骨」(※)ということわざが出てくるのですが、これは小さい頃にお母さんと一緒に観た海外ドラマの中に出てきたセリフです。
お母さんも忘れているし、私もその他のストーリーは忘れているんですが、この言葉は印象的でどのように使われたかなども覚えています。

※元々は「a skeleton in the closet」というアメリカのことわざで、意味は「世間に知られては困る家庭内の秘密」。

―― 主人公の花実ちゃんですが、小学校6年生にしては凄くお母さん思いでしっかりと芯を持った女の子の印象を受けます。
このモデルの子はいたりするんでしょうか。

鈴木:特にいませんが、私の理想の姿を描きました。
足りていない部分はありますが、私はここまでお母さん思いでもないですし。
共通点は、あまり他人の悪口を言わないところと本を読むことが好きなことです。

― この作品の1編から4編は、花実ちゃんが主人公ですが、最後の「さよなら、田中さん」だけは、同じクラスの男の子が主人公です。この作品のみ花実ちゃんを客観視する設定になった経緯があれば教えてください。

鈴木:この作品を書く時に、担当の編集さんから「別の人の視点から観た花実ちゃんを書いてみたら」と提案されたので書いてみました。
元々、男の子を主人公にした物語も書きたいと思っていたこともあって、男の子を主人公にしました。

―― 『さよなら、田中さん』を読んでもらってどんなことを感じて貰いたいですか。

鈴木:読み終えた後に、希望を感じて欲しいなと思っています。元々、私が読んでいる作品も希望を感じられる作品が多いので、自分で書くものもそうしたいなぁと。
あと、おじいちゃんに教わった「どんなときも道はある。絶望的な状況でも光はある。」という言葉が大好きで、それも理由の一つです。
ですので、読んでいて希望を感じるというか元気になってもらえる作品になればといいなと思います。

次ページ>「12歳の文学賞」はずっと花実ちゃんが主人公の話を書くつもりだった



過去記事はこちら!

「映画には人生を変える力がある」『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』前田哲監督インタビュー

20181130_155606
講談社ノンフィクション賞と大宅壮一ノンフィクション賞を受賞した『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』が、今月28日(金)に公開されます。本作は、筋ジストロフィー症を患っている主人公・鹿野靖明と鹿野さんを支えるボランティアの克明な記録とともに「生きる」とはど...(2018年12月26日) >もっとみる

本は日用品 『本屋の新井』の著者・新井見枝香さんの哲学

unnamed
 「新井さんがプッシュした本はヒットする!」という都市伝説(?)もあるほどのカリスマ書店員が三省堂書店にはいる。それが今回『本屋の新井』を出版した新井見枝香さんだ。 本を読む人が減り、書店も年々減り続ける状況のなか、それをもろともせず、独自のアイディアで本を売り、テレビやラジオなど...(2018年11月16日) >もっとみる

ラブコメ王・瀬尾公治先生が描く少年漫画編集部の熱い現場が舞台の『ヒットマン』

51W+hCWmhzL (1)
 『涼風』、『君のいる町』、『風夏』と3作連続アニメ化され、ラブコメ王ともいえる瀬尾公治先生。  今回は、最新作で新人編集者♂と新人マンガ家♀が少年漫画編集部を舞台に週刊20Pに命を懸ける情熱を描いた『ヒットマン』が10月17日に発売された。...(2018年10月29日) >もっとみる

どうして目がよくなると若返るの? 著者・日比野佐和子先生と、監修・林田康隆先生に聞いてみた

4
  関連記事一覧【立ち読み連載】日比野佐和子先生の新刊『目がよくなると 10歳若返る』 ←毎日17時更新!!//   10月に発行されたゴマブックスの新刊『目がよくなると、10歳若返る』。この本の著者である日比野佐和子先生は、『眼トレ』をはじめ累計55万部を超える著書のほか、アンチエイジング専門医としてテレ...(2018年10月25日) >もっとみる

直木賞受賞島本理生さん 『ファーストラヴ』というタイトルに込めた想い

IMG_4328(I)のコピー
今回は芥川賞に4回、直木賞に2回ノミネートされ、第159回直木賞が念願の受賞となった島本理生さんです。 受賞作の『ファーストラヴ』は、ある事件をきっかけに見えてきた家族間の闇に迫るミステリー風の作品となっている。 電子書籍ランキング.comでは、受賞した思いから作品への思いまでをお伺いしました。...(2018年09月28日) >もっとみる