» page top
IMG_1539アイキャッチ用のコピー4

14歳の誕生日に小説家デビューで出版界が大注目!著者・鈴木るりかさんが語るデビュー作『さよなら、田中さん』と鳥肌が立つほどの才能!
2017年11月29日


「12歳の文学賞」はずっと花実ちゃんが主人公の話を書くつもりだった

IMG_1574のコピー

―― 作業的なお話もお伺いできればと思います。今回本を出版するにあたって、4年生の時に書いた「Dランドが遠い」と6年生の時に書いた「いつかどこかで」をそれぞれ見直して、書き直されたかと思います。
実際に過去に書いた作品を見直してみていかがでしたか。

鈴木: 4年生の時の作品は、花実ちゃんの言動がより子供っぽかったです。例えば、4年生の時は花実ちゃんの一人称が「あたし」になっていて、6年生の時は「わたし」なんです。
こういった箇所は6年生の時の作品に合わせて直しました。
あと、花実ちゃんの行動も変わっていますし、文章の書き方も4年生の時の方が稚拙だなと感じました。

―― 今回は過去作品を書き直すとともに、新たに3作品を書き下ろしました。一番大変な作業なんでしたか。

鈴木:書く事は大変ではないんですけど、その後に担当の編集さんからいただく直しとかが結構大変でした。
こういった直しが初めてだったというのもあります。

―― 今回は5年生の時に書いた「マイワールド」は収録されていませんが、これはなぜでしょうか。

鈴木:「Dランドは遠い」と「いつかどこかで」は主人公が花実ちゃんで共通したストーリーだったのですが、「マイワールド」は全く別の話だったからです。

―― 4年生と6年生が共通のお話で、5年生が別の話になったのはどういった経緯からでしょうか。

鈴木:元々、5年生の応募の時も花実ちゃんを主人公に話を書こうと思っていました。
ただ、実行委員の方より「違う世界観の話も書いてみるほうがいいよ」と勧められたので、違う話を書きました。

―― そうなんですね。で、改めて6年生の時に花実ちゃんで書いてみたと……。

鈴木:はい。今回の書き下ろしも含めてですが、書きたいことはだいたい浮かんでいたので、それに沿って書きました。
それもあって、書き下ろしの作業自体は苦ではなかったです。

―― 『さよなら、田中さん』で個人的に上手く書けたという描写があったら教えてください。

鈴木:二篇目の「花も実もある」で、花ちゃんが紅茶を淹れるとき、過去にあったいろいろなことを芋ずる式に思い出す箇所がありますが、あれはプルーストの『失われた時を求めて』で、主人公が、マドレーヌを紅茶に浸して食べたら、昔のことが思い出された…というのを意識して書いてみたんです。

―― 以前に読んだ作品で気になったシーンがあったので、使ってみたと……。

鈴木:はい、プルーストには遠く足元にも及びませんが、面白いシーンになったかな、と思います。

次ページ>昔から自分で物語を作って話すのが好きだった



過去記事はこちら!

「映画には人生を変える力がある」『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』前田哲監督インタビュー

20181130_155606
講談社ノンフィクション賞と大宅壮一ノンフィクション賞を受賞した『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』が、今月28日(金)に公開されます。本作は、筋ジストロフィー症を患っている主人公・鹿野靖明と鹿野さんを支えるボランティアの克明な記録とともに「生きる」とはど...(2018年12月26日) >もっとみる

本は日用品 『本屋の新井』の著者・新井見枝香さんの哲学

unnamed
 「新井さんがプッシュした本はヒットする!」という都市伝説(?)もあるほどのカリスマ書店員が三省堂書店にはいる。それが今回『本屋の新井』を出版した新井見枝香さんだ。 本を読む人が減り、書店も年々減り続ける状況のなか、それをもろともせず、独自のアイディアで本を売り、テレビやラジオなど...(2018年11月16日) >もっとみる

ラブコメ王・瀬尾公治先生が描く少年漫画編集部の熱い現場が舞台の『ヒットマン』

51W+hCWmhzL (1)
 『涼風』、『君のいる町』、『風夏』と3作連続アニメ化され、ラブコメ王ともいえる瀬尾公治先生。  今回は、最新作で新人編集者♂と新人マンガ家♀が少年漫画編集部を舞台に週刊20Pに命を懸ける情熱を描いた『ヒットマン』が10月17日に発売された。...(2018年10月29日) >もっとみる

どうして目がよくなると若返るの? 著者・日比野佐和子先生と、監修・林田康隆先生に聞いてみた

4
  関連記事一覧【立ち読み連載】日比野佐和子先生の新刊『目がよくなると 10歳若返る』 ←毎日17時更新!!//   10月に発行されたゴマブックスの新刊『目がよくなると、10歳若返る』。この本の著者である日比野佐和子先生は、『眼トレ』をはじめ累計55万部を超える著書のほか、アンチエイジング専門医としてテレ...(2018年10月25日) >もっとみる

直木賞受賞島本理生さん 『ファーストラヴ』というタイトルに込めた想い

IMG_4328(I)のコピー
今回は芥川賞に4回、直木賞に2回ノミネートされ、第159回直木賞が念願の受賞となった島本理生さんです。 受賞作の『ファーストラヴ』は、ある事件をきっかけに見えてきた家族間の闇に迫るミステリー風の作品となっている。 電子書籍ランキング.comでは、受賞した思いから作品への思いまでをお伺いしました。...(2018年09月28日) >もっとみる