» page top
IMG_1818

「2017年は「はじめての」ことだらけ。」第8回『東宝シンデレラ』グランプリ・福本莉子 1st写真集『はじめての恋人』出版記念インタビュー
2017年12月15日


2016年11月13日、女優・福本莉子は誕生した。5年ぶりに開催された『東宝シンデレラ』オーディショングランプリに輝いた彼女は、芸能界のニューフェイスとして注目を集めています。グランプリ受賞から1年、彼女はレギュラー番組を持ち、CM出演を果たし、ティーン雑誌の表紙デビューを飾るなど多方面で活躍中。

そして今回、自身17歳の誕生日である2017年11月25日に初の写真集『はじめての恋人』(撮影 : 笠井爾示)を発売。本作は『東宝シンデレラ』グランプリ受賞からの1年を詰め込んだ、一冊になっています。

電子書籍ランキング.comでは、初めての写真集を発売した福本莉子さんにインタビュー取材を行いました。
写真集撮影の様子や今後の女優としての目標、プライベートな一面までお伺いしました。
是非、ご覧ください!

IMG_1608のコピー

初めてタクシーの中で写真を撮られました

—17歳のお誕生日、1st写真集『はじめての恋人』の発売、おめでとうございます。

福本莉子(以下、福本) :ありがとうございます。

—初めての写真集『はじめての恋人』をご覧になったお気持ちはいかがでしょうか?

福本:アップの写真が多くて、恥ずかしいです。歩きながら撮影していたので、こんなにもアップの写真があるとは思っていなかったです。友達も、「アップの写真多いな」と言っていました(笑)。
あと、今回の撮影で初めてタクシーの中で写真を撮られました。日常的にタクシーの中で写真を撮ることも、撮られることもあまりないので、ちょっと緊張しました。

—写真集の撮影は夏に行われたそうですが、大変だったことはありましたか?

福本:モヘアのカーディガンを着ているこのカットの時は、大変でした。8月の末くらいに撮影しているのに冬服を着ていたので、すごく暑くて。顔が真っ赤になるくらい、汗だくになりながら撮影していました(笑)。撮影の合間には、この服を脱いで、日除け代わりにしていましたけど(笑)。

fukumotoriko_naka5

—福本さんが選ぶ『はじめての恋人』の好きなカットを教えてください。

福本:神社の近くで撮ったカットです。彼女感が出ているなと思います。

fukumotoriko_P56

—写真集では、彼女役を演じていたそうですね。撮影の時に、ポージングなどは意識していましたか?

福本:普段通りはしゃいで撮影に臨みました。撮影が地元の大阪だったので、リラックスできましたし、すごく楽しかったです。写真集にはカラオケボックスでのカットがありますが、このカラオケボックスは、いつも行っているところで撮りました。

—カラオケではどのような曲を歌いますか?

福本:好きな音楽ジャンルは邦楽ロックなので、KANA-BOONさん、back numberさんやWANIMAさんの曲を歌います。あと、ONE OK ROCKさんも好きです。ライブにも行きますよ。今年は、RUSH BALL(※)という音楽フェスに2DAYS行きました。「行こう!」と決めたら、絶対行きたいです。

※夏に行われている国内最大級の邦楽ロックフェスティバル。今年は、8月26,27日に開催された。

—お友達から、写真集を買った報告は受けていますか?

福本:インタビュー始まる前に、「買ったで」って、LINEで教えてくれました。一緒に行動している友達が買ってくれたことに、感動して涙が出るかと思いました。とても嬉しかったです。
友達だけじゃなくて、今日、学校に行ったら、「誕生日おめでとう。写真集買うわ~」って、クラスメイトのみんなが言ってくれました。

IMG_1672のコピー
『はじめての恋人』の巻末には、初代『東宝シンデレラ』グランプリの女優・沢口靖子さんとの対談が収録されていますよね。

福本:実際に会ってみて、すごくお綺麗でしたし、緊張しました。沢口さんの経験談・失敗談など、いろいろなお話をさせて頂きました。とくに、慣れない標準語に関してのアドバイスは勉強になりました。イントネーションの違いを教えて頂いて、どんどん覚えていくしかない、と。
現在、レギュラーをやらせて頂いているNHK Eテレ高校講座『物理基礎』の収録で、「垂直」のイントネーションを注意されました。標準語はこう発音するんだと、勉強になりました。普段、気にして喋っていないので、よりイントネーションの差を感じます。

※標準語では「すいちょく」(「ちょ」にアクセント)、関西弁では「すちょく」(「い」にアクセント)。
※NHK Eテレ高校講座『物理基礎』は毎週水曜日 午後2:20〜2:40に放送中

—対談は、沢口さんが主演を務めている『科捜研の女』の撮影地である京都・太秦にある東映京都撮影所で行われています。初めて太秦に行ってみて、いかがでしたか?

福本:印象に残っているのは、撮影所の食堂です。役者さんが、カツラを被り衣装を着たまま、お食事されていたからです。和装なのに、洋食を召し上がっている姿はシュールでした(笑)。

次ページ>

「もう二度とこんな大きなオーディション受ける事ないから」と思って、頑張りました



過去記事はこちら!

直木賞受賞島本理生さん 『ファーストラヴ』というタイトルに込めた想い

IMG_4328(I)のコピー
今回は芥川賞に4回、直木賞に2回ノミネートされ、第159回直木賞が念願の受賞となった島本理生さんです。 受賞作の『ファーストラヴ』は、ある事件をきっかけに見えてきた家族間の闇に迫るミステリー風の作品となっている。 電子書籍ランキング.comでは、受賞した思いから作品への思いまでをお伺いしました。...(2018年09月28日) >もっとみる

「テレビゲームを一生懸命やっていれば、褒め称えられる世界になってほしい」国内eスポーツの第一人者・筧誠一郎氏の想い

ReIMG_4316
昨今、「eスポーツ」という言葉を耳にする機会が増えていますが、なぜ「テレビゲーム」が「eスポーツ」と呼ばれているのか疑問を持たれているかたも多いと思います。そのような疑問について、日本のeスポーツ第一人者である筧誠一郎さんにお話をお伺いしました。...(2018年08月30日) >もっとみる

マンガビジネスはどう転換していけばいいのか?『マンガ雑誌は死んだ。で、どうなるの?』著者・飯田一史さんに聞く

アイキャッチのコピー
 2017年、コミックスの売上は、紙が1666億円、電子が1711億円となり、ついに電子の売上が紙を越えた。またマンガ雑誌の売上は1995年をピークに当時の3割未満に落ち込んでいる。その状況を横目にマンガアプリが浸透し、次々と大ヒット作品が生まれている。...(2018年08月24日) >もっとみる

連ドラ初主演の松本穂香に聞く、「この世界の片隅に」で感じてほしいこと

IMG_3981のコピー
 7月からTBSの日曜劇場枠で放送される「この世界の片隅に」。こうの史代の同名コミックは累計120万部を突破し、2016年に劇場版アニメとして上映され注目を浴びたのは記憶に新しい。戦時中の広島県呉市を舞台に、暗くなっていく世の中に負けずに前を向いて生きる女性の姿を描いた作品だ。...(2018年07月13日) >もっとみる