» page top
image1-1

「新刊本のタイトルを募集します」。『小説X』担当編集者が語る 出版業界再生の可能性
2018年2月14日


image1image2
(左図 : 電子書籍版 右図 : 紙書籍版)
 

この作品は本当に蘇部さんの小説家人生の集大成のような作品

 
― 私はこの企画を知ったきっかけは新聞広告でした。パッと目に入りましたね。
 
編集:新聞広告ですよね?ありがとうございます。アナログなものもちゃんと見てくれている!小学館は月に何度か新聞に書籍広告を掲載していますが、デジタル版の新聞では、広告部分を読んでもらえなくなっちゃう。という紙媒体と電子媒体とのジレンマがあります。でも、少なからず紙媒体から電子媒体へ入ってきている人がいるんだと。だからこそ、「小説X」のアイコンは活きてくるのかなと。
 
― やはり惹かれました。
 
編集:デジタルに移行しつつ紙媒体を推す手法に、しばらくは試行錯誤をしながらプロモーションを行うことも可能だと思います。
 
― 「小説X」の書籍広告は、「これは何なんだ?」という気を起こします。タイトルも分かっていないけど、少し気になる。根本的には、「押しちゃダメだよ?」と言われると、押したくなるような感覚と一緒だと思います。
 
編集:インターネット上では「結局、タイトルに「小説X」を使うのは潔くない。」とか、「募集したんだからこっち(決定したタイトル)をメインにする方が良いんじゃないか?」という批判も多いんですよ。でも、「あなたをずっと さがしてた」に変えるとと、間違って買ってしまって、「これ読んだじゃん。」という読者が出てくるかもしれないと感じました。
その親切さと不親切さのバランスをどのように取るか悩んでいました。そこで、「小説X」を残そうとなりました。
 
― 「X」という字自体も謎めいている様子を表していますよね。
 
編集:当初は「「X」だとパクリになっちゃうから「Q」にしようか?」と言っていました(笑)。やはり「X」という字は表紙に収まりやすいですよね。あと、意外に「X」を使っている作品が少ないんですよ。「小説X」というタイトルの小説があるのではないかと思って調べたら、出版されていませんでした。
 
― 小学館さんは新たな取り組みをしているなという印象を受けています。雑誌『小学8年生』では、雑誌に完成品のロボット付録を付けるという、世界初の取り組みをされていましたよね。面白いことなら積極的に進めていこう、という気概を感じています。
 
編集:新しいことをやろうとしても、なかなか厳しいです。今はとにかく、本を1冊出すのも慎重になっています。今回は文芸とデジタルを融合させる試みがうまくはまりました。今、デジタル領域に力を入れていくという、会社の勢いは感じています。そういう意味ではデジタル領域に関していえば、他社と比べたらかなり寛容だと思います。
 
― 最後に担当編集さんとして、本作の魅力をアピールしてください。
 
編集:初めてこの作品を読んだ時に、蘇部さんはすごい作品を書かれたなと思いました。編集者として改稿や校了で何回も読みますが、何回読んでも面白い作品です。というか、何回も読みたくなる作品です。何回も楽しめると思います。
あとは、紙書籍として発売することになった時のために、「短編を書いて下さい」とお願いして短編を書いて頂きました。この短編は『小説X あなたをずっと、さがしてた』の本編を追っていく驚く仕掛けとは全く異なるラブコメです。
蘇部さんのファンだけでなく、初めて蘇部さんの作品を読む人にとっても二面性を感じられて、面白く楽しめる1冊になっていると思います。この作品は本当に蘇部さんの小説家人生の集大成のような作品だと思います。これまで20作ほど書かれている作家さんですが、本当に良くできています。デジタルの読者さんは、有料電子版をお楽しみ下さい!税込み540円です。

『小説X あなたをずっと、さがしてた』

41Db4EHGWbL<内容紹介>
『小説X』タイトル募集で話題の本がデジタル先行配信!ラスト一行にあなたは驚愕する・・・。

WEBで期間限定全文無料公開しタイトルを募集した『小説X』。総閲覧数14000人、タイトルには1261通もの応募が殺到。「最後の結末に身の毛もよだちました」「とにかく面白くてあっという間に読めたなど」「何度も読むと違う面白さが浮かび上がってくる」など、たくさんの感想が寄せられた話題のストーリー展開。
『小説X』にタイトルがついてデジタル先行配信。電子版でしか読めない蘇部健一氏によるあとがきも収録。

奈子は、大学の通学路でいつもすれちがう男性がとても素敵で、ずっと気になっていた。
話しかけることもできず日々は過ぎ、いつのまにか彼に逢えなくなってしまう。彼に再会する日を夢見る奈子。
だが、親友の葵とともに彼をさがすも、いつもあと一歩のところですれちがってしまう。
最後の1行に命を懸けた蘇部健一渾身の1作。

kindlekoboibooksgoogle

『新刊X』キャンペーン情報

shinkan_x_banner

「あなたのレビューが帯になる!!!」。小学館は、発売前の新刊を応募したユーザーに読んでいもらい、レビューを募る企画を進行中。
ユーザーは発売前に先駆け、発売前のゲラ(プルーフ)を読むことができる。
※ただし、応募してゲラを読んだユーザーはレビュー投稿が必須。レビューを書かないと、続く企画に応募できないので要注意。

今月の対象作品は、『鍬ヶ崎心中』(平谷美樹 著)になります。

・ご応募締切 2018年2月18日(日)(先着20名に達し次第、締切とさせていただきます)
・レビューご投稿期間 2018年3月4日(日)まで

このインタビューをお読みの方は、奮って応募してください!



過去記事はこちら!

「映画には人生を変える力がある」『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』前田哲監督インタビュー

20181130_155606
講談社ノンフィクション賞と大宅壮一ノンフィクション賞を受賞した『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』が、今月28日(金)に公開されます。本作は、筋ジストロフィー症を患っている主人公・鹿野靖明と鹿野さんを支えるボランティアの克明な記録とともに「生きる」とはど...(2018年12月26日) >もっとみる

本は日用品 『本屋の新井』の著者・新井見枝香さんの哲学

unnamed
 「新井さんがプッシュした本はヒットする!」という都市伝説(?)もあるほどのカリスマ書店員が三省堂書店にはいる。それが今回『本屋の新井』を出版した新井見枝香さんだ。 本を読む人が減り、書店も年々減り続ける状況のなか、それをもろともせず、独自のアイディアで本を売り、テレビやラジオなど...(2018年11月16日) >もっとみる

ラブコメ王・瀬尾公治先生が描く少年漫画編集部の熱い現場が舞台の『ヒットマン』

51W+hCWmhzL (1)
 『涼風』、『君のいる町』、『風夏』と3作連続アニメ化され、ラブコメ王ともいえる瀬尾公治先生。  今回は、最新作で新人編集者♂と新人マンガ家♀が少年漫画編集部を舞台に週刊20Pに命を懸ける情熱を描いた『ヒットマン』が10月17日に発売された。...(2018年10月29日) >もっとみる

どうして目がよくなると若返るの? 著者・日比野佐和子先生と、監修・林田康隆先生に聞いてみた

4
  関連記事一覧【立ち読み連載】日比野佐和子先生の新刊『目がよくなると 10歳若返る』 ←毎日17時更新!!//   10月に発行されたゴマブックスの新刊『目がよくなると、10歳若返る』。この本の著者である日比野佐和子先生は、『眼トレ』をはじめ累計55万部を超える著書のほか、アンチエイジング専門医としてテレ...(2018年10月25日) >もっとみる

直木賞受賞島本理生さん 『ファーストラヴ』というタイトルに込めた想い

IMG_4328(I)のコピー
今回は芥川賞に4回、直木賞に2回ノミネートされ、第159回直木賞が念願の受賞となった島本理生さんです。 受賞作の『ファーストラヴ』は、ある事件をきっかけに見えてきた家族間の闇に迫るミステリー風の作品となっている。 電子書籍ランキング.comでは、受賞した思いから作品への思いまでをお伺いしました。...(2018年09月28日) >もっとみる