» page top
51W+hCWmhzL (1)

ラブコメ王・瀬尾公治先生が描く少年漫画編集部の熱い現場が舞台の『ヒットマン』
2018年10月29日


キャラクターのクロスオーバーは、キャラ見知りしてしまう自分のため

P036G
©瀬尾公治/講談社

―― 瀬尾先生の作品といえば、作品をクロスオーバーしてキャラクターが登場することで有名です。今回も中堅漫画家として『君のいる町』に出ていた天谷栞が出てきます。これは漫画編集部を題材にしようと思った時から決まっていたのでしょうか。
 
瀬尾:決めていたわけではありませんが、天谷は『君のいる町』の時点で漫画家志望だったので、ちょうどいいやと思って登場させました(笑)。その他にも1話目のロビーには、『風夏』で出てきたHEDGEHOGSのメンバーや氷無小雪が登場していますし、2話目でも西辺誠が出ています。
 
 キャラクターのクロスオーバーに関して、「瀬尾先生はサービス精神旺盛ですね」と言っていただくことが多いのですが、実はこれ、自分のためなのです。新連載で新しいキャラクターがたくさん出てくると段々心配になってきてしまって。キャラの気持ちが分からないのです(笑)。僕は「キャラ見知り」と呼んでいるのですが、それを緩和させるために前作までのキャラクターを登場させて心を落ち着かせています。僕は新しいキャラクターを理解するのに、人より時間がかかるのかもしれません。結果的にファンの方が喜んでくれるので一石二鳥ですね。(笑)
 
―― 今後も過去作品のキャラクターが出ることはあるのでしょうか。
 
瀬尾:実は1巻のおまけで、『君のいる町』のヒロイン・柚希が登場しています。ちょっぴりエッチな内容になっておりますので、未読の方はぜひ(笑)。他のキャラクターも出していきたいと思っています。
 
―― 瀬尾先生の醍醐味でもあるエッチな部分にも注目ですね。龍之介の周りには女性作家が多いですが、もしかしてその伏線でしょうか?
 
瀬尾:伏線というほどのものではありませんが、そんな展開にも持っていけるようには作っています。熱い作品にしたいと言いましたが、ラブコメの要素はどうしても残しておきたかったのです(笑)。僕がリアルな女性編集者をあまり知らないので、女性作家が多くなりました。
 編集者と作家の恋はある種の「禁断の恋」で僕の描いてこなかったものなので、挑戦したい気持ちもありました。
 
―― 確かに、『涼風』『君のいる町』『風夏』と学生の恋愛のイメージがあります。
 
瀬尾:学生の恋愛に関しては、もう描くことがないくらい描き切りました(笑)。なので『ヒットマン』では、大人になった今だからこそ描ける、大人な恋愛を描いていければと思っています。


―― 1巻目の帯には、龍之介の同期の川内美緒が「龍之介のことが気になっている」という文章があります。彼女も恋愛に絡んでくるのでしょうか?
 
瀬尾:美緒はサブヒロインくらいのつもりで登場させたのですが、この子が全く動かない(笑)。どうしたものか困っています。このままいくと報われない悲劇のサブヒロインになっていきそうです。『君のいる町』の月(あかり)もこのタイプでした。
 
―― ヒロインの悲劇性ですと、翼も思い過去を背負っています。父がマガジンの重鎮作家・桂木先生で、母の死に目にも会わず漫画を描いていたことを恨んでいる、と。
 
瀬尾:少年漫画の要素として、親子の因縁をどう解消していくというか、子供が親をどう越えていくかということを描きたかったのです。桂木先生はいずれ翼の敵として立ちはだかってくれるでしょう。
 
―― まさに王道少年漫画の熱い展開ですね。
 
瀬尾:そうですね。まだ本編では出てきませんが、この他にも熱い展開を用意しています。少しだけ予告すると、人事異動でマガジン編集部の部員がガラッと変わり、旧編集部員vs.新編集部員という対立構造ができていきます。その社内政治に龍之介が巻き込まれていくのですが果たして……という感じです。ご期待ください!

繝偵ャ繝医・繝ウ1-obi-ol
©瀬尾公治/講談社

―― 今後が楽しみです。物語のゴールはやはり「マガジン日本一」でしょうか?
 
瀬尾:正直まだ分かりません。1巻単位で龍之介と翼の目標を決めて、それをひとつひとつ達成させながら描き進めているのですが、ときには思いもよらない方向に話が進んでいってしまうこともあるのです。違う話になってしまっても、面白ければいいやと描いてしまうので、僕自身もどうなるのか予想がつきません(笑)。
 
―― ここまでいろいろとお伺いしてきましたが、改めて『ヒットマン』をどういった作品にしていきたいでしょうか。
 
瀬尾:抽象的ですが、「良い漫画」にしていきたいです。漫画家や編集者が職業として素晴らしいということではなく、夢があってそれに挑戦することこそが素晴らしいのだと感じてほしいと思っています。少年漫画ならではの熱さを描いていければ!
 
―― 最後に読者に今後の意気込みをお願いいたします。
 
瀬尾:毎巻必ず巻末にエッチな漫画付けるので、そこをお楽しみに(笑)。

 

瀬尾公治(せお・こうじ)
広島県出身。
1996年に『HALF & HALF』が週刊少年マガジン新人漫画賞佳作でデビュー。その後、『シュート!』などで知られる大島司の元でアシスタントを担当。
2000年より『マガジンSPECIAL』にて、『W’s〜ダブルス〜』の連載を開始し、2002年の『CROSS OVER』より『週刊少年マガジン』に移る。2004年12月号から連載した『涼風』、『君のいる町』、『風夏』は大ヒットし、アニメ化もされた。2018年6月より『ヒットマン』の連載を開始。



 

『ヒットマン』

51W+hCWmhzL
<内容紹介>
念願かなって週刊少年マガジン編集部に配属された主人公・剣埼龍之介。
最初の持ち込みで現れたのは、先日出会った謎の美少女・小鳥遊翼。
なんと就職活動中の面接会場で、剣埼が拾い上げた自作のマンガを面白いと言われたことをきっかけに急遽、就職活動をやめて、マンガ家を目指すことに決めたとのこと!!
運命の出会いで相棒となった新人編集者♂と新人マンガ家♀の週刊20Pに命を懸ける情熱の物語が今、開幕!!

kindleibooksgoogle

『君のいる町 妄想200話 SPECIAL EDITION』

51Bt8rkeeyL
<内容紹介>
瀬尾公治先生、公式エロ同人誌第2弾!
『君のいる町』のヒロインたちが主人公・青大と乱れまくり!?
「この2人がつき合っていたら……」という妄想をHな短編集に。かなりエロいです。
TVアニメ『君のいる町』Blu-ray/DVD初回生産版に収録された『妄想200話』から6編、『君のいる町』26・27巻の限定版から2編、さらに瀬尾先生描き下ろしの1編の計9編を収録。

kindleibooksgoogle





過去記事はこちら!

「映画には人生を変える力がある」『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』前田哲監督インタビュー

20181130_155606
講談社ノンフィクション賞と大宅壮一ノンフィクション賞を受賞した『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』が、今月28日(金)に公開されます。本作は、筋ジストロフィー症を患っている主人公・鹿野靖明と鹿野さんを支えるボランティアの克明な記録とともに「生きる」とはど...(2018年12月26日) >もっとみる

本は日用品 『本屋の新井』の著者・新井見枝香さんの哲学

unnamed
 「新井さんがプッシュした本はヒットする!」という都市伝説(?)もあるほどのカリスマ書店員が三省堂書店にはいる。それが今回『本屋の新井』を出版した新井見枝香さんだ。 本を読む人が減り、書店も年々減り続ける状況のなか、それをもろともせず、独自のアイディアで本を売り、テレビやラジオなど...(2018年11月16日) >もっとみる

どうして目がよくなると若返るの? 著者・日比野佐和子先生と、監修・林田康隆先生に聞いてみた

4
  関連記事一覧【立ち読み連載】日比野佐和子先生の新刊『目がよくなると 10歳若返る』 ←毎日17時更新!!//   10月に発行されたゴマブックスの新刊『目がよくなると、10歳若返る』。この本の著者である日比野佐和子先生は、『眼トレ』をはじめ累計55万部を超える著書のほか、アンチエイジング専門医としてテレ...(2018年10月25日) >もっとみる

直木賞受賞島本理生さん 『ファーストラヴ』というタイトルに込めた想い

IMG_4328(I)のコピー
今回は芥川賞に4回、直木賞に2回ノミネートされ、第159回直木賞が念願の受賞となった島本理生さんです。 受賞作の『ファーストラヴ』は、ある事件をきっかけに見えてきた家族間の闇に迫るミステリー風の作品となっている。 電子書籍ランキング.comでは、受賞した思いから作品への思いまでをお伺いしました。...(2018年09月28日) >もっとみる

「テレビゲームを一生懸命やっていれば、褒め称えられる世界になってほしい」国内eスポーツの第一人者・筧誠一郎氏の想い

ReIMG_4316
昨今、「eスポーツ」という言葉を耳にする機会が増えていますが、なぜ「テレビゲーム」が「eスポーツ」と呼ばれているのか疑問を持たれているかたも多いと思います。そのような疑問について、日本のeスポーツ第一人者である筧誠一郎さんにお話をお伺いしました。...(2018年08月30日) >もっとみる