» page top
unnamed

本は日用品 『本屋の新井』の著者・新井見枝香さんの哲学
2018年11月16日


『新文化』さんに「もう、いいです」と言われるまでは書いていたい

unnamed
―― 本作の『本屋の新井』は出版業界の専門紙『新文化』で掲載されている「こじらせ系独身女子の新井ですが」を書籍化したものとお伺いしました。どういった経緯で『新文化』でコラムを書かれるようになったのでしょうか。
 
新井:『新文化』には、書店員が短いエッセイを書くコーナーがずっとあったんです。それで、当時メディアにも出たり、帯などを書くようになった私に注目していてくれたようで、「お願いできませんか」ということで周ってきたんです。一応、「書店員ならではの、書店とか本に関すること」という括りがあったので、それは意識して書きました。

 普通5回ぐらいで終わるのですが、文章を書くことが面白かったのと、それなりに反響があったので、最後の回に「続けたい」というのを書いたら、そのまま続くことになりました(笑)。業界紙なので、最初は業界の人が面白がってくださったんですが、本連載になってWebでもアップされるようになったので、自分のSNSで拡散したら、内容によっては業界以外の方からも反響があって、広がった感じです。
 
―― 書籍化にはそれを講談社の編集の方が聞きつけて、話が出たのでしょうか。
 
新井:実は最初、今とは違う編集の方から声がかかったんです。Webにあがっていた記事をまとめて読んでくれたみたいで、自分としては一般に出しても売れないかなと思っていたのですが、「前向きな気持ちになるところや本屋以外の働く人に向けたちょっとビジネスっぽいような本にもできるかも」と熱意あるメールをくれて、その熱意に押されて、講談社さんで本として出そうと決めました。その後、私の仕事が忙しくなったり、異動があったりといろいろブランクがあって、今の担当さんに落ち着きました。

 書店業界に向けて書いてはいましたが、頑張ろうという気持ちになるということを聞いたときは、「へぇっ」ていう感じでした。誰かを元気にしようと思って書いたものではなかったので。


―― 本作と前作の『探してるものはそう遠くはないのかもしれない』でエッセイを続けて2冊出版されていますが、自分ではいかがでしょうか。
 
新井: 楽しいですね。書く文章を組み立てるのに、リズムを考えたり、言葉を選んだり、より分かりやすく削り落とすみたいな作業は単純にすごく面白いです。あと、物事を考えるときに書いたほうがいちばんよく考えられます。

ぼんやりと考えるのではなくて、文章に起こそうと思ったときに、「あ、そうだったんだ」と自分で気付くこともあり、すごく面白いです。
 
―― では、書かれていて自分で向いているなというのはありますか。
 
新井:向いているなとは思っていました。エッセイを書くことが好きだし、楽しいと感じているということは、向いていることなのかなと思います。目的が「本を出すこと」ではなく、文章を書くことだから楽しいんだと思います。
 
―― 拝読させていただいて、読みやすい文章だなと感じました。なにか意識されたことはあるのでしょうか。
 
新井:『本屋の新井』は考えることが必要な内容だったので、読みやすさは考えて書きました。前の『探してるものはそう遠くはないのかもしれない』は、私が読んでいて面白いという文章を書きました。センテンスがすごく長かったり、視点がくるくる変わったりして読みやすいかというとそういうわけではありませんが、クセがあって好きなんですよ。
 
―― 今も『新文化』で書かれていますが、これからも書き続けたいという願望はあるのでしょうか。
 
新井:『新文化』さんに「もう、いいです」と言われるまでは書いていたいです(笑)。連載もだいぶ長くて、100回を越えています。
 
―― そしたら、2冊目、3冊目も出せるんじゃないでしょうか。『新文化』では本に関することを書かれていますが、他に書いてみたいことなどはありますか。
 
新井:前々から本屋や本という括りを外したものを書きたかったのですが、『探してるものはそう遠くはないのかもしれない』の秀和システムさんが「それでもいいです」と言ってくれて、そっちを嬉々として書いていたら、そっちのほうが先に出ちゃいました(笑)。

 括りがあればあるからこそ内容を深く掘る必要があるのですが、日々本屋のことを考えているでのはなく、スーパーのこととか日常生活のほうが実際は頭を占めているので、やっぱり括りがないほうが楽ですし、楽しいですね。

 

次ページ>自分の中で疑問に思ったことをそのまま文章として出した





過去記事はこちら!

「映画には人生を変える力がある」『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』前田哲監督インタビュー

20181130_155606
講談社ノンフィクション賞と大宅壮一ノンフィクション賞を受賞した『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』が、今月28日(金)に公開されます。本作は、筋ジストロフィー症を患っている主人公・鹿野靖明と鹿野さんを支えるボランティアの克明な記録とともに「生きる」とはど...(2018年12月26日) >もっとみる

ラブコメ王・瀬尾公治先生が描く少年漫画編集部の熱い現場が舞台の『ヒットマン』

51W+hCWmhzL (1)
 『涼風』、『君のいる町』、『風夏』と3作連続アニメ化され、ラブコメ王ともいえる瀬尾公治先生。  今回は、最新作で新人編集者♂と新人マンガ家♀が少年漫画編集部を舞台に週刊20Pに命を懸ける情熱を描いた『ヒットマン』が10月17日に発売された。...(2018年10月29日) >もっとみる

どうして目がよくなると若返るの? 著者・日比野佐和子先生と、監修・林田康隆先生に聞いてみた

4
  関連記事一覧【立ち読み連載】日比野佐和子先生の新刊『目がよくなると 10歳若返る』 ←毎日17時更新!!//   10月に発行されたゴマブックスの新刊『目がよくなると、10歳若返る』。この本の著者である日比野佐和子先生は、『眼トレ』をはじめ累計55万部を超える著書のほか、アンチエイジング専門医としてテレ...(2018年10月25日) >もっとみる

直木賞受賞島本理生さん 『ファーストラヴ』というタイトルに込めた想い

IMG_4328(I)のコピー
今回は芥川賞に4回、直木賞に2回ノミネートされ、第159回直木賞が念願の受賞となった島本理生さんです。 受賞作の『ファーストラヴ』は、ある事件をきっかけに見えてきた家族間の闇に迫るミステリー風の作品となっている。 電子書籍ランキング.comでは、受賞した思いから作品への思いまでをお伺いしました。...(2018年09月28日) >もっとみる

「テレビゲームを一生懸命やっていれば、褒め称えられる世界になってほしい」国内eスポーツの第一人者・筧誠一郎氏の想い

ReIMG_4316
昨今、「eスポーツ」という言葉を耳にする機会が増えていますが、なぜ「テレビゲーム」が「eスポーツ」と呼ばれているのか疑問を持たれているかたも多いと思います。そのような疑問について、日本のeスポーツ第一人者である筧誠一郎さんにお話をお伺いしました。...(2018年08月30日) >もっとみる