「カドカワと契約したのに本が出ない」KADOKAWAとはてなが運営する「カクヨム」オープン初日に投稿。

KADOKAWAとはてなが運営する「カクヨム」、オープン初日にカドカワについての暴露本「カドカワと契約したのに本が出ない」が投稿され話題騒然。

2016年3月2日

l_kontake_1600301rokugomaruni03

※画像は、「カクヨム」公式サイトより

 

株式会社KADOKAWAと株式会社はてなが共同開発し、2月29日にオープンした投稿小説サイト「カクヨム」に、小説家のろくごまるにさんが投稿した小説が話題となっている。

小説のタイトルは、『カドカワ 富士見と独占契約したけど本が出ないハートフル物語《ストーリー》』。著者は株式会社KADOKAWA 富士見ブランドカンパニーと『食前絶後!!』『封仙娘娘追宝録シリーズ全巻』の電子出版の独占契約を2015年1月1日に交わしたというが、その後音沙汰がなく、出版されないままになっているという。著者は、この件で『明日の遊ぶ金がない困窮状態』に陥ったとのこと。

作品内では、『下手な発言してこじれたら嫌だなと思ってたけど、一年以上待っても音沙汰もないし、こじれようもないやと思って書いちゃった』と明かし、ユーザーに対しても喚起している。

「カクヨム」は、「自由に物語を書ける、読める、そして多様な小説が評価される場所を作る」ことを理念としているが、皮肉にも今回の投稿でKADOKAWAの内部事情が暴露された形となった。

著者は自身のTwitterで、投稿が削除された場合は企業名を伏せ字にして、他サイトに投稿する旨を発言している。今後のKADOKAWAの対応に注目したい。

 

引用元:http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1603/01/news119.html
作品:『カドカワ 富士見と独占契約したけど本が出ないハートフル物語《ストーリー》





» page top