【集中連載】『初心者でもOK、Kindle Unlimitedの始め方、得する使い方―第1回キンドルアンリミテッドとは?―』

【集中連載】『初心者でもOK、Kindle Unlimitedの始め方、得する使い方 ―第1回Kindle Unlimitedとは?― 』

2016年8月15日

アメリカでは2014年からすでにスタートしていたKindle Unlimitedが2016年8月、ついに日本でもスタートしました!
Kindle端末か、無料の専用アプリをお手持ちの端末にインストールして使用し、月額980円で和書なら12万冊以上、洋書なら120万冊以上のKindle Unlimited対象の電子書籍が読み放題になる注目のサービスです。
簡単な操作で、小説やコミック、実用書にビジネス書、各種雑誌など、お好きなジャンルの本を自分に合ったシチュエーションで、満足するまで堪能していただけます。
これまでにAmazonプライムサービスで、毎月一冊無料で本が読めるサービスを利用し、ちょっと物足りなさを感じていた人にもピッタリです。
今回はこの「Kindle Unlimited」の使い方を4回にわけて、徹底的に解説致します。

はじめに

Amazon、月額980円で電子書籍読み放題の「Kindle Unlimited」日本でスタート

以前読んだことがあってもう一度読み返してみたくなった本。題名は知っていて気になってはいたけれどまだ読んでいない本。話題に上がってるからとりあえず読んでおきたい本。
Kindle Unlimitedなら、興味をもちつつも購入するまでには至っていない本も、試し読み感覚で手に入れることができます。
好きになった著者本のまとめ読みも、価格を気にして躊躇する必要はないでしょう。情報を集めるために、関連のある本を一気に集めて必要な部分だけをピックアップするという使い方も可能です。
全体をサラッと読んで気になるところだけを熟読したり、少し読んで気に入らなかったら削除するなど、1冊ずつ購入した場合ならもったいなくてできないと感じる読み方も、このシステムなら心配することはありません。
機能の特色を活かして、求めている内容だけを効率的に取得するのに大変有効なのです。

あなたも、Kindle Unlimitedで、読み放題のお得感と、お気に入りの本を見つけ出すときのワクワク感、高い有用性からくる満足感などを味わいながら、知的好奇心を思う存分満たしてください。

Kindle Unlimitedを利用できるのは、Kindle端末を持っている人だけではありません。専用の無料アプリをダウンロードするだけで、お手持ちの端末を使って読み放題を楽しむことができるのです。
スマートフォンやタブレットPCなどのスマートデバイスでも、デスクトップPCやMacなどでも、用途に合わせた使い方が選べるです。

月額980円で、Kindle Unlimited対象書籍であれば、何冊読んでも利用料がアップすることはありません。
ただ、一冊も本を読まない場合でも月額料金は発生してしまいますので、毎月の読書量が少ない人は注意が必要です。
利用していないのに毎月の料金だけ支払っている状態では、宝の持ち腐れになってしまいます。
日常的に本をたくさん読む人にとっては大変お得なサービスだといえるでしょう。

月刊誌を毎月数冊定期的に購読している人なら、その雑誌だけで利用料以上の本が手に入る可能性が高いですから、かなりオススメです。(全ての雑誌が発売月にKindle Unlimited対象書籍になるわけではありません)
漫画も比較的スピーディーにたくさん読めますから、好きな方にはもってこいですね。

今なら、30日間無料体験期間中なので、期間中にしっかり利用してから継続するかどうかを判断することができます。
対象書籍のラインナップを確認したり、使い勝手の良さなどを実際に使って試せるのがいいですよね。
契約している出版社は今後どんどん増えていくと予想されますので、対象書籍のラインナップの更なる充実も期待できます。
開始してから30日以内に解約すれば、料金は一切かかりませんから、迷っている方もぜひ一度お試しください。

 

1.利用の開始の方法

まずは、Kindle Unlimitedにアクセスし、
「30日間の無料体験を始める」
をクリックします。注意事項が表示されますので、よく目を通してから
「続ける」
をクリック。先へ進むにはAmazonのアカウントが必要なので、アカウントをお持ちでない方はこの際に作成してください。
Kindle Unlimitedを始めるために、Amazonプライム会員になる必要はありません。
これまでにAmazonを利用したことが無い初心者でも、アカウントを作成するだけで、すぐにKindle Unlimitedユーザーの仲間入りです。

サインインできたら、
「○○○さん、ご登録いただきありがとうございます」
と表示され、トップページが開きます。その画面でメニューの中の
「Kindle Unlimited 読み放題」
をクリックすると、Kindle Unlimited 読み放題対象書籍のみの表示に変わります。
Kindle Unlimited 読み放題対象書籍は、書籍の表紙画像上部に
「kindle Unlimited」
のマークが表示されています。
検索バーのカテゴリー名も
「Kindle Unlimited読み放題ストア」
に変更されているので確認してみてください。

画面の表示方法をKindle Unlimited 読み放題対象書籍のみにせず、本全般の表示にしていると、Kindle Unlimitedの契約をして、読み放題できる書籍を探そうとしても、書籍の表紙画像に「kindle unlimited」のマークが表示されず、対象書籍とその他の書籍を区別することができません。
「Kindleストア」で表示させると読み放題で選択することも可能ですが、個別商品ページには「読み放題で読む」ボタンと「1-Clickで今すぐ買う」ボタンの両方が表示されますので、「1-Click今すぐ買う」を誤ってクリックしてしまえば、通常の電子書籍データを購入したことになり、料金を発生させてしまう可能性もあります。
Kindle Unlimited 読み放題対象書籍のみを表示させた画面で書籍を選択する方法が、最も分かりやすくてミスしにくいのでオススメです。
画面が本全般の表示やそれ以外のカテゴリー表示になっているときには、まず画面左上の
「カテゴリー▼」⇒「Kindle本&電子書籍リーダー」⇒「kindle Unlimited読み放題スタート」
と進んでください。

 

2.利用方法・読み方

読みたい書籍を検索して選び、個別の商品ページから
「読み放題で読む」
をクリックします。
すると、
「○○○さん、ありがとうございました」
と表示され、Kindle端末を持っている場合は、そちらにも書籍のデータが自動配信されます。
自動で配信されない場合は、
「以下のKindle端末またはアプリへも配信いただけます」
のメニュー一覧から、送信先を選択して
「配信」
をクリックすると、指定した先に「Kindle Unlimited 読み放題」で選択した本が送られます。
Kindleのホーム上には、既に購入済みの電子書籍に加え、「Kindle Unlimited読み放題で読む」で選択した書籍が一緒になって表示されているのが確認できます。

Kindle端末をお持ちでない方は、無料のKindleアプリを読書に使用したい端末にダウンロードしましょう。
アプリをダウンロードするには、Web上で「Kindleアプリ」を検索すればすぐにダウンロード用画面が見つかるので、あとは説明に従うだけ。
ダウンロード後にアプリを起動させ、Amazonアカウントでログインすると、ホーム上に「Kindle Unlimited読み放題」で選択した書籍が表示されます。

iPhoneからKindle Unlimitedに会員登録する場合は、iPhoneのインターネットブラウザから、
www.amazon.co.jp/kindleunlimited
にアクセスし、説明通りにご登録ください。
書籍を読む際には、他の端末と同様にKindleアプリをご利用ください。

そして、読みたい書籍の表紙の画像を選択すれば、いよいよ読み放題がスタート!
マルチタッチインターフェースの端末では、一度タップして表紙を選択します。
基本的に、文章が縦書きの場合、左から右へスワイプするとページが進んでいきます。
文章が横書きの場合は右から左。文章の並び方によってページの進め方が異なりますので、それぞれの書籍に合わせてご確認ください。

マルチタッチインターフェースではない、端末(PC、Macなど)の場合も、アプリを起動させ、Amazonのアカウントでログインすれば、同じようにホーム上に読み放題で選択した書籍が表示されます。読みたい書籍の表紙の画像をダブルクリックして開きます。中央に表示されるページの左右にカーソルをもっていくと◀▶マークが表示されるので、読み進めたい方向をクリックしてください。

書籍の表紙画像の下に付いている✔チェックマークは、端末に書籍のデータがダウンロードされている証拠ですので、端末をオフラインにしても読書することができます。

 

3.一回のダウンロードは10冊まで

「読み放題」と謳っているKindle Unlimitedですが、いつでも何冊でもダウンロード可能というわけではありません。
同時にダウンロードできるのは10冊まで。
それでは読み放題じゃない!と思われるかもしれませんが、同時にダウンロード、つまり一度に保有しておける書籍の上限が10冊ということで、それ以上読めないというわけではないのです。
10冊保有している状態で、新たな書籍を追加しようとすると、
「Kindle Unlimited本は10冊まで同時に利用できますが、現在10冊に達しています。他のKindle Unlimited本を利用するには、現在利用中のいずれかの本の利用を終了する必要があります」
という警告が表示されます。

 

4.10冊以上、購読したいときは?

11冊以上を読みたい場合には、追加で読みたい冊数分だけ、ダウンロード済みのデータの利用を終了(削除)してください。
Kindle Unlimited読み放題対象本を一度にたくさん抱え込むことはできませんが、削除してもまた読みたくなればもう一度ダウンロードすればいいのですから、不都合に感じることは少ないでしょう。
10冊を限度に本をレンタルしているといったイメージでとらえていただくといいかもしれませんね。

 

5.本の削除方法

現在、保有しているKindle Unlimited対象書籍は、Kindle Unlimitedホームページのメニューから
『「Kindle Unlimitedマイブック」を表示』
をクリックすると、確認できます。
ダウンロード済みの対象書籍を削除したい場合は、表示されている「コンテンツと端末の管理」から、対象書籍のアクションボタンをクリック。
するとその書籍のポップアップ画面が出てくるので、
「この本の利用を終了」
をクリックします。
利用終了の確認画面が出るので
「はい」
を選択します。

もうひとつの方法は、既に10冊保有している状態で、そのまま新たに対象書籍を
「Kindle Unlimitedで読む」
で追加利用しようとしてください。
すると、保有中の書籍の利用終了を促す画面が開きます。
▼を押すと、10冊全てが表示されますので、その中から必要の無くなった書籍の
「利用を終了して続行」
をクリックします。
その一冊が削除されたと同時に新たな書籍が利用可能とります。
10冊に達したら、そこから利用停止(削除)した分だけ新たにダウンロードするという作業はエンドレスでできますので、事実上は読み放題というわけです。

これで、今からでも「Kindle Unlimited」のサービスを開始できます。
明日は、「Kindle Unlimitedの現状」について解説致します!

 

●『初心者でもOK、Kindle Unlimitedの始め方、得する使い方』

第1回:Kindle Unlimitedとは?
第2回:Kindle Unlimitedの現状
第3回:Kindle Unlimitedで配信されているおススメ作品の紹介
第4回:Kindle Unlimitedの解約方法・退会方法





» page top