第3皿目 ごちそうさまとエゴサーチ

マンガ家ユニット「うめ」小沢高広のマンガ家さんちのまかない

第3皿目 ごちそうさまとエゴサーチ

2016年9月22日

あるマンガ家さんと、つまみの美味しいうどん屋さんで飲んでたら、こんなことをこぼされた。
「エゴサーチをして、ネガティブなことを書かれているのを見つけると心底つらい」

だよねー。

お互いデビューしたときは、アンケートハガキだのファンレターだので、感想がくるくらいだったもんね。それも編集部がざっとは目を通してるから、あんまりに辛辣だったり、ヤバかったりするものは、作者の目に触れることは少なかったし。それが今じゃ、SNSでダイレクトだもの。

これに対して「だったら、エゴサなんかしなきゃいいじゃん」っていうのは、実際そうしている人もいるけれど、うーん、そう言われちゃうとなあ、と思う。なぜならマンガは描きおえた時点で完成するのではなく、読者に届いてこそ完成するものだからだ。それは料理が誰かに食べてもらってこその料理であることに似ている。
ごはんをつくる、というのは、たんに料理を完成させるまでを指す言葉ではない。食卓に並べて、食べて「ごちそうさま」と言われるそこまでを指す言葉だ(いや、実際には後片付けまで含むけど、今はさておいて)。

空になった皿を返されればうれしいし、さらに「おいしかった」と言ってもらえれば舞い上がるくらいにうれしい。食べ残しが多ければ、あれこれ理由を考える。栗原はるみさんの『ごちそうさまが、ききたくて』というレシピ本の名著があったけれど、マンガ家をはじめ、ものを作る人間は大方そんな気分なのだ(ああっ、これも電書版がない!)。別に承認欲求だなんだ、と難しい話でなく、どこかに自分の漫画を読んで「ごちそうさま」を言っている人がいたら、それを聞きたいと思うのは、わりと自然な気持ちじゃないだろうか。
「文句言われるのが嫌だったら、誰にも見せなきゃいいじゃん」という人もいるかもしれない。ただこちらも同様の理由で難しい。自分のためだけのマンガというのは、そうそう描けるもんじゃない。いくら料理が好きな人でも、一人で自分のために作る料理はなかなか乱暴だったりする。それがかなりおいしかったとしても、少なくともそのまま人様に提供したいとは思わないだろう。

zuborameshi_nakamen1

zuborameshi_nakamen2
『花のズボラ飯』2巻 p13-14より(秋田書店)

だからこそ「花のズボラ飯」という作品が独特のエロティシズムを伴って成立するのだ。めんたい豆腐丼おいしいよねー。
やや強引だけど、そう考えていくと「まかない」は、マンガに例えるとなんだろう。もちろんお金をもらってお客さんに食べさせるご飯ではないし、かといって自分ひとりのためだけでもない。同人誌? それもちょっと違うか。ほんとうなら人様に見せるものでもないよなあ、とも思いつつ、今日もせっせとInstagramやらPlagにまかないの写真を投稿している。

makanai03
・栗ごはん
・さんまの塩焼き
・豚肉と豆苗としめじのポン酢和え
・ポテトサラダ
・かぼちゃの煮物
・えのきのベーコン巻き
・きゅうりの塩水漬け

秋だー。というわけで、まかないも少々、秋っぽく。

「栗ごはん」は、栗ごはんの素を使って簡単に。
「さんまの塩焼き」は、うーん、お弁当だし、いったん開いて骨を抜いてから、焼こうかな、とも思ったんだけれど、食べるのは子供じゃなくて大人だしね。骨ぐらい選り分けられるでしょ。結局、頭を落として、ワタを筒抜きにして、半分にしてグリルで塩焼き。
「豚肉と豆苗としめじのポン酢和え」は、さっと茹でて、水気を切って、温かいうちにポン酢で和えた。ちょっと汁気があったので、お弁当用のカップに。本当はカップは使いたくないのだけれど、1回のお弁当で1つまでは使っていいルールにした(いずれやめたいが)。今回はたまたま冷蔵庫にあった豆苗にしたけど、小松菜でもほうれん草でも何でも大丈夫。
「ポテトサラダ」は、朝ごはんのときに、ジャガイモを多めに茹でておいて、半分は粉ふきいもにしてそのまま子供の食卓へ。残り半分をポテトサラダにした。今日はマヨネーズとバターで仕上げ。バターを入れるのは、都電庚申塚駅の構内にある居酒屋「御代家」さんを参考にしている。あちらはもっと黒胡椒を効かせているけれど、ちょっと切らしてたもんで。
「かぼちゃの煮物」はちょっとジャガイモとかぶったか。前日にめんつゆで弱火で煮ておいたもの。
「えのきのベーコン巻き」は、見た目のまんま。小束にわけて、1/2に切ったベーコンで包んで爪楊枝にさして焼く。
「きゅうりの塩水漬け」は、ピーラーで少し皮をむいたきゅうりを海水くらいの塩水に一晩つけたもの。ちょっとしなびたきゅうりでも、みずみずしく回復するという簡単便利な一品。

エゴサーチでへこんでたマンガ家さんには、こう話してみた。
「ナスが嫌いな人がナスを悪く言ったところで、それは個人の好き嫌いの範疇で、ナスがまずい食べ物であるという理屈に同意する人は少ないし」
あーなるほどー、とは言ってもらったものの、これは「読んでも傷つくな」といったのと同義で、あんまりいい例えじゃなかったかな、とあとで反省した。

(次回10月6日掲載予定! ※9月中は隔週で連載をお届けします)

ご紹介いただいた書籍、マンガはこちら!


makanai03_1
『ごちそうさまが、ききたくて』栗原はるみ (文化出版局)
makanai_03_2
『花のズボラ飯』久住昌之、水沢悦子 (秋田書店)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

小沢 高広(おざわ たかひろ)漫画家ユニット「うめ」の原作担当。

過去記事はこちら!

第12皿目 世界初? 肉を焼くゲームを作ってみた

IMG_9499
数年前にゲーム業界を舞台にした『大東京トイボックス』というマンガを描いた。いちおう映像化もしたので、もしかしたら名前くらいは知ってるという人もいるかもしれない。業界の苦労話を中心に描いたせいか、よく「ゲーム会社で働いた経験があるんですか?」と聞かれた。...(2016年12月08日) >もっとみる

第11皿目 出た! 新しい卵ドリル!

tamagodoriru_syoei
待ってた本が届いてた。過去形なのは、数日の間、ぜんぜん気がついてなかったから。本をネコ餌とネコ餌の間にはさまんといてー>Amazon こちらの本だ。     『dancyu』はじめ多くの媒体でフードアクティビストとして、食...(2016年12月01日) >もっとみる

第10皿目 科学的に正しいだしの取り方

onigirigata_gazou
今回もANOVAさんの話をする。   ANOVAを使って、日々、肉や魚をあれこれ調理してみているけれど、なんとなくすべて洋のイメージだった。できたものに日本酒を合わせることもあるけれど、イメージとしては「洋にあえて日本酒を合わせるイメージ」だ。...(2016年11月24日) >もっとみる

第9皿目 ママ友に怒られたお弁当

写真1
今週は、スタッフがお休みの週。こういう週もたまにある。 当然、まかないも作らないので、今回は、子供のお弁当の話をする。 子供が生まれるというのは、人生でも大きな転機のひとつなのは間違いない。 どれくらい大きいって、トーストだってこうなるくらいに大きい。...(2016年11月17日) >もっとみる

第8皿目 温泉たまごを1度ずつ温度をかえて作ってみた

1
「死ぬ前に、何が食べたい?」という質問がある。 このベタな質問に僕は明確な答えを持っている。 『温泉たまご』だ。 想像するに、死に際にあんまり面倒なものや凝ったものは食べたくないだろう。でもあんまりあっさりしすぎて、食べた気がしないのもさびしい。そう考えると『温泉たまご』は悪くないセレクトだと思う。...(2016年11月10日) >もっとみる

第7皿目 どうしてもチャーハンがパラパラにならないあなたへ

IMG_4759rr
料理のTips(秘訣)というのは、あれこれあるけれど、家庭でパラパラなチャーハンを作るTipsほど数多くあるものもめずらしいのではないだろうか。子供のころは、冷やごはんをとにかく強火で炒める、くらいだったように思う。生活ノウハウ番組とネットの普及が拍車をかけたのかな。特別なものを用意せずとも、家にあるものですぐに試せるところが楽しい。...(2016年10月27日) >もっとみる

第6皿目 新兵器の威力を見るがいい

29ON
最近、肉好きのあいだで話題の店、焼かない焼肉屋『29ON』に誘っていただいた。 完全会員制で場所もシークレット! おまけに座席数も少なくて、そう簡単には予約が取れないと噂なのに! これはチャーンス!とメッセージをいただいて数秒で行きます、と回答。...(2016年10月20日) >もっとみる

第5皿目 おいしくて苦手なあのごはん

makanai05r
自分がおいしいと思う食事を人にふるまう、という姿勢はものすごく正しい。 お客さんに提供するものを毎日、自分でもまかないとして食べてなお飽きない、という飲食店店主の話なんかもポジティブなエピソードとしてしばしば聞く。ただ世の中は、往々にして例外はある。...(2016年10月12日) >もっとみる

第4皿目 長女、稲作にハマる

makanai_03_2r
うまいうまいうまーい。新米の季節である。 この前の連休、友人たちと栃木に稲刈りツアーに行ってきた。日ごろ、お米を送っていただいている友人のご実家だ。もちろん、いつものまかないで使っているごはんはすべてこちらで収穫されたお米である。...(2016年10月06日) >もっとみる

第3皿目 ごちそうさまとエゴサーチ

makanai03
あるマンガ家さんと、つまみの美味しいうどん屋さんで飲んでたら、こんなことをこぼされた。 「エゴサーチをして、ネガティブなことを書かれているのを見つけると心底つらい」 だよねー。 お互いデビューしたときは、アンケートハガキだのファンレターだので、感想がくるくらいだったもんね。...(2016年09月22日) >もっとみる

第2皿目 お弁当は少し窮屈

makanai02rr
お弁当作りというのは、ふだんの料理とはいくつか違うポイントがある。 そのひとつが盛り付けだ。 まかないの盛り付けなんて、別に食べられればいいじゃーん、とも思うんだけど、いくら内輪のスタッフ向けのまかないとはいえ、ちょっとは気を使いたい。...(2016年09月08日) >もっとみる

第1皿目 100個の弁当箱

makanai01rr
マンガ家ユニット「うめ」の原作担当の小沢高広さんによるコラム、「マンガ家さんちのまかない」。毎日元気にマンガを描くためにも、小沢さんがおいしい「まかない」を作ります。小沢さんの特製㊙レシピや、マンガ作品の「実際につくってみた」などをお届けします。...(2016年08月25日) >もっとみる



» page top