第4皿目 長女、稲作にハマる

マンガ家ユニット「うめ」小沢高広のマンガ家さんちのまかない

第4皿目 長女、稲作にハマる

2016年10月6日

うまいうまいうまーい。新米の季節である。
この前の連休、友人たちと栃木に稲刈りツアーに行ってきた。日ごろ、お米を送っていただいている友人のご実家だ。もちろん、いつものまかないで使っているごはんはすべてこちらで収穫されたお米である。
実は半年前に田植えに誘ってもらったところ、このコラムの題字を書いている長女(8)が農作業に大ハマリした。どれくらいハマったって、田植えから稲刈り、精米の過程を学校で自分で調べて、友人のご実家へ「こんど、せんばこきで脱こくをやらせてください」と手紙を書くくらいにハマった。あまりのモチベーションの高さに親もつられて『GREEN』を読みなおしてみたり。
しかしその日は、あいにくの天気。道すがら、あちこちの田で稲が倒れているのを見かける。このところの長雨の影響だそう。そうでなくとも稲は濡れていると収穫が出来ないので、稲刈りは難しそう。わずかな雨の切れ間を狙って、初日はシソの実取り。ぷちぷちぷち。いわゆるお刺身の穂ジソを延々取る作業だと思って欲しい。ぷちぷちぷち。これはこれで楽しい。
晩ごはんは、参加したみんなで「新米にあうおかず」を持ち寄り、コシヒカリとミルキークイーンの新米をたらふくいただくという危険な晩餐。ウチはいくらと鮭のしょうゆ漬けと、千駄木のコシヅカハムのコンビーフで参戦した。栃木のお酒と栃木のギョウザもいただいて、お母さん手作りのシソの実のたまり醤油漬けも美味。全員で1升3合、新米を平らげた。カロリーのことは考えない。
翌日、長女、念願の米の出荷までを見せてもらう。残念ながら「千歯扱き」は、ずいぶん昔に処分してしまったとのことだけれど、脱穀して、精米して、袋に詰めて、出荷する手順をみせてもらう。そしてそしてちょこっとだけど、稲刈りも体験させてもらえることに。喜ぶ長女。ジープに乗って田んぼへ。長女、真剣な表情でカマでざくざくざくざく。あとで聞いたら「カマに緊張していた」そう。本物の刃物に緊張する経験はいいね。次女(5)はずっとカエルを追いかけてた。それはそれで楽しそう。
ざっととはいえ一通り見てみると、農業って効率化の積み重ねだったんだろうなあ、と思う。機械で植えるのはもちろんだけど、それ以前に腰にカゴつけて、ある程度の量の苗を持ってから田んぼに入るとか、いやいや、稲を列に並べて植えるのだって、たぶん何処かの誰かが、思いついて始めたはず。千歯扱きだってそうだし、カカシだって発想がすごい。『オーデュボンの祈り』に未来を見通すカカシが出て来たけど、たしかにそんな哲学的な風情はある。害獣を追い払うためにヒトガタを置くという発想は、だいぶクリエイティブだ。
農業をここまで進化させてきた力は、前例主義でなく、ハッカー気質というか、そういう類のセンスだったんだなあ、なんてことを土に足突っ込んで考える。不便に気づいて、考えて、やり方を変えていく。その辺の感覚は、日々連載をこなしていくなかで、漫画家が作画のノウハウをためていく感じと通じるところがあるように思った。次は『リトル・フォレスト』を読み直してみよう。

makanai_03_2rr
・ごはん
・ポークソテー
・焼きナス
・粉ふきいも
・塩じゃけ
・ピーマンとジャコの炒め物
・レンコンのきんぴら

「ごはん」は新米のおいしさを存分に味わうために、シンプルに日の丸弁当。
梅干しも友人のお父さんの手作り。「去年は塩分4%で作ったんだけど、今年は3%。カビが生えないギリギリのところまで、塩分を減らしてみている」というお父さんの言葉が印象的。
「ポークソテー」と呼ぶにはちょっと肉が薄いんだけど、冷凍庫でちょうど人数分、生姜焼き用の肉が眠っていたので、こちらで流用。軽く塩コショウをして、片栗粉をまぶしてさっと両面ソテー。味付けは、醤油とバーボンとバター。この味付けはすごく美味なので、ぜひ試してみて。
「焼きナス」は大きめのナスが売っていたので、輪切りで多めのオリーブオイルで両面焼いた。途中フタをして、弱火でじっくり中まで火を通す。そのあとポークソテーといっしょに味つけた。
「ピーマンとじゃこの炒め物」は、ピーマンを縦に千切りして、じゃこといっしょに、ごま油で炒めて、白だしで味つけたもの。
「レンコンのきんぴら」は乱切りにしたレンコンをごま油で炒めてから、めんつゆで味つけて、ゴマふって完成。時短にはめんつゆはほんとうに便利。
ちなみに「粉ふきいも」「塩じゃけ」「ピーマンとジャコの炒め物」「レンコンのきんぴら」は前日の晩ごはんや当日の朝ごはんの残りだったり流用だったりするので、このお弁当用には、豚肉とナスを焼いただけ。所要時間は、たいだい20分くらいのはず。ミニトマトを使わなくても色味的に間が持ったのと、小分けのカップを使ってない点が個人的には満足した。

帰りの新幹線で、長女(8)とあれこれ話す。2017年現在、なりたい職業はいくつかあるのだけれど、そこに農家が加わった様子。それもいいと思うよ。なんてことを友人に話したら「この辺、田んぼ安いですよ」と現実的な話を聞かされた。お、おう……。

(次回は、10月13日掲載予定です!)

 ご紹介いただいた書籍はこちら!

『GREEN』 二ノ宮知子 (講談社)

odubonnoinori_syoei
『オーデュボンの祈り』 伊阪幸太郎 (新潮社)

littleforest_syoei
『リトル・フォレスト』 五十嵐大介 (講談社)



1件のコメントをみる

kurikuri
うーん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

小沢 高広(おざわ たかひろ)漫画家ユニット「うめ」の原作担当。

過去記事はこちら!

第12皿目 世界初? 肉を焼くゲームを作ってみた

IMG_9499
数年前にゲーム業界を舞台にした『大東京トイボックス』というマンガを描いた。いちおう映像化もしたので、もしかしたら名前くらいは知ってるという人もいるかもしれない。業界の苦労話を中心に描いたせいか、よく「ゲーム会社で働いた経験があるんですか?」と聞かれた。...(2016年12月08日) >もっとみる

第11皿目 出た! 新しい卵ドリル!

tamagodoriru_syoei
待ってた本が届いてた。過去形なのは、数日の間、ぜんぜん気がついてなかったから。本をネコ餌とネコ餌の間にはさまんといてー>Amazon こちらの本だ。     『dancyu』はじめ多くの媒体でフードアクティビストとして、食...(2016年12月01日) >もっとみる

第10皿目 科学的に正しいだしの取り方

onigirigata_gazou
今回もANOVAさんの話をする。   ANOVAを使って、日々、肉や魚をあれこれ調理してみているけれど、なんとなくすべて洋のイメージだった。できたものに日本酒を合わせることもあるけれど、イメージとしては「洋にあえて日本酒を合わせるイメージ」だ。...(2016年11月24日) >もっとみる

第9皿目 ママ友に怒られたお弁当

写真1
今週は、スタッフがお休みの週。こういう週もたまにある。 当然、まかないも作らないので、今回は、子供のお弁当の話をする。 子供が生まれるというのは、人生でも大きな転機のひとつなのは間違いない。 どれくらい大きいって、トーストだってこうなるくらいに大きい。...(2016年11月17日) >もっとみる

第8皿目 温泉たまごを1度ずつ温度をかえて作ってみた

1
「死ぬ前に、何が食べたい?」という質問がある。 このベタな質問に僕は明確な答えを持っている。 『温泉たまご』だ。 想像するに、死に際にあんまり面倒なものや凝ったものは食べたくないだろう。でもあんまりあっさりしすぎて、食べた気がしないのもさびしい。そう考えると『温泉たまご』は悪くないセレクトだと思う。...(2016年11月10日) >もっとみる

第7皿目 どうしてもチャーハンがパラパラにならないあなたへ

IMG_4759rr
料理のTips(秘訣)というのは、あれこれあるけれど、家庭でパラパラなチャーハンを作るTipsほど数多くあるものもめずらしいのではないだろうか。子供のころは、冷やごはんをとにかく強火で炒める、くらいだったように思う。生活ノウハウ番組とネットの普及が拍車をかけたのかな。特別なものを用意せずとも、家にあるものですぐに試せるところが楽しい。...(2016年10月27日) >もっとみる

第6皿目 新兵器の威力を見るがいい

29ON
最近、肉好きのあいだで話題の店、焼かない焼肉屋『29ON』に誘っていただいた。 完全会員制で場所もシークレット! おまけに座席数も少なくて、そう簡単には予約が取れないと噂なのに! これはチャーンス!とメッセージをいただいて数秒で行きます、と回答。...(2016年10月20日) >もっとみる

第5皿目 おいしくて苦手なあのごはん

makanai05r
自分がおいしいと思う食事を人にふるまう、という姿勢はものすごく正しい。 お客さんに提供するものを毎日、自分でもまかないとして食べてなお飽きない、という飲食店店主の話なんかもポジティブなエピソードとしてしばしば聞く。ただ世の中は、往々にして例外はある。...(2016年10月12日) >もっとみる

第4皿目 長女、稲作にハマる

makanai_03_2r
うまいうまいうまーい。新米の季節である。 この前の連休、友人たちと栃木に稲刈りツアーに行ってきた。日ごろ、お米を送っていただいている友人のご実家だ。もちろん、いつものまかないで使っているごはんはすべてこちらで収穫されたお米である。...(2016年10月06日) >もっとみる

第3皿目 ごちそうさまとエゴサーチ

makanai03
あるマンガ家さんと、つまみの美味しいうどん屋さんで飲んでたら、こんなことをこぼされた。 「エゴサーチをして、ネガティブなことを書かれているのを見つけると心底つらい」 だよねー。 お互いデビューしたときは、アンケートハガキだのファンレターだので、感想がくるくらいだったもんね。...(2016年09月22日) >もっとみる

第2皿目 お弁当は少し窮屈

makanai02rr
お弁当作りというのは、ふだんの料理とはいくつか違うポイントがある。 そのひとつが盛り付けだ。 まかないの盛り付けなんて、別に食べられればいいじゃーん、とも思うんだけど、いくら内輪のスタッフ向けのまかないとはいえ、ちょっとは気を使いたい。...(2016年09月08日) >もっとみる

第1皿目 100個の弁当箱

makanai01rr
マンガ家ユニット「うめ」の原作担当の小沢高広さんによるコラム、「マンガ家さんちのまかない」。毎日元気にマンガを描くためにも、小沢さんがおいしい「まかない」を作ります。小沢さんの特製㊙レシピや、マンガ作品の「実際につくってみた」などをお届けします。...(2016年08月25日) >もっとみる



» page top