第9皿目 ママ友に怒られたお弁当

マンガ家ユニット「うめ」小沢高広のマンガ家さんちのまかない

第9皿目 ママ友に怒られたお弁当

2016年11月17日

今週は、スタッフがお休みの週。こういう週もたまにある。
当然、まかないも作らないので、今回は、子供のお弁当の話をする。

子供が生まれるというのは、人生でも大きな転機のひとつなのは間違いない。
どれくらい大きいって、トーストだってこうなるくらいに大きい。

写真1
別に「かわいいでしょー♪ しあわせいっぱい♡」といううっとうしいアピールがしたくて、作ってるんじゃない。なんというか、これはストレスと小銭のバーターだ。
現実問題として、小さな子供の食事は、かなりの手間だ。作ること自体よりも食べさせることがたいへん。散らかす、こぼす、好き嫌い……。テレビをつければ、口の中に物を入れたまま、数分間フリーズしてることもしばしば。「食べなさい!」と言えば「たべてるよ」と言って、口を開けて、食べかけのものを見せびらかす。「野菜も食べて!」と言えば「たべたよ」と言って、ほんのひとくちかじった跡を見せつける。とにかく、あの手この手で、子供は素直に食べない。少なくともうちの子はそうだった。
ところがだ。
ちょっとチーズやハムをハートに型抜いてやっただけでずいぶん変わる。急に「かわいいー!」といって、目の前の食事に(いつもよりは)集中する。ちなみに先ほどのトーストはこちらで作った。
パンDEポップ! アップ!
pande_gazou

普段の食事でこれなのだから、親のついていかない保育園の遠足ともなれば、そりゃあ不安はよぎる。保育園からも「食べやすいものにしてください」と事前に指示がある。とはいえ、手間はかけたくない。「第2皿目 お弁当は少し窮屈」にも多少書いたけれど、最初のお弁当は、ずいぶんと時間がかかったのを覚えている。あれから数年。ちょっとは手際が良くなった。

IMG_2472
・唐揚げ
・パンダおにぎり
・ウインナー
・うずらの卵
・カットフルーツ
・枝豆
・ベーコンとコーン
・ゆで野菜

当日の朝作るのは、おにぎりとカットフルーツのみ。あとは前日の晩ごはんの支度と同時に仕込んでおく。当日の朝の作業は30分程度。こちらは詰める前の様子。

写真2
<唐揚げ>は、いろいろなレシピを試したけれど、最近は、こちらの『家で「肉食」を極める!肉バカ秘蔵レシピ 大人の肉ドリル』のレシピを参考にすることが多い。味付けは醤油ベース。粉はすべて片栗粉で、二度揚げしたあと、最後に10秒間仕上げで揚げるスタイルだ。肉重量の20%の水分をあらかじめ補充することで、パサパサしない仕上がりを実現している。
ちなみにこの本は、唐揚げのみならず、肉の扱いを根本から変えてくれた本だ。家で食べる肉料理を一気に外食レベルまで持ち上げてくれる。いつかあらためて紹介したい。

<パンダおにぎり>こんな風になっている。

写真3
数年前にtwitterでどなたかがアップされていたのを参考に作ったのがはじまり。元のはもっと手が込んでて、手足なんかもちゃんと海苔で再現されていたんだけど、自己流でずいぶん簡略化した。自作するパーツは、約1cmの帯と、耳と尻尾用に約1cmの円が3つだけ。口と目はこちらを使っている。

かんたん海苔カッター
nori_gazou

おにぎり自体はこちら。

おにぎり俵型
kome_gazou

<ウインナー>たこさんウインナー風。はじめて作ったときは、やっぱりたこだし、足は8本だよなあ、と思って、ちゃんと8本にしたら、細すぎて足がちぎれたりしてたいへんだった。いまは6本で安定した。竹串で穴を開けて、黒ごまをつめておく。
そうそう、ソーセージのかざりぎりに関しては、こちらの本がおもしろい。電書になってないけど、紹介しておく。
かんたん楽しい、食べておいしい!ウインナーのかざりぎりBOOK
著者は、なんとあの伊藤ハム! 表紙を見てもらえればわかるように、とんでもないものまで作れる。実際に作るかどうかはさておき、眺めているだけでも楽しい。

<うずらの卵>同じく黒ごまで目をつけた。ちょっと口を作るだけで、ずいぶん表情が出る。このアイデアもオリジナルじゃなくて、食べログだったかなあ。先人の知恵に感謝。

<カットフルーツ>
仲のいいママ友に写真を見せたら「ふざけるな!」と怒られたリンゴのカット。ごめんなさい。格子に切れ目を入れてから、爪楊枝で細工している。いつだったか、子供に「リンゴはウサギにして」とリクエストされた。で、作ってみたのだけれど、うーん、でかい。あれをひとつ入れると、子供用の弁当箱だとだいぶ存在感がある。かといって、もうひとつ別の果物用のタッパを用意するほど、うちの子は量を食べない。そこで小さくても、多少は見栄えがするように、と考えた苦肉の策だったんだけど、これはやりすぎだよなあ、たしかに……。ただ子供に気に入られてしまって、いまさらやめるわけにもいかず、うっかり我が家の定番に。

その他<枝豆><ベーコンとコーン><ゆで野菜>は、食べやすく。大人向けのお弁当だったら、きんぴらとか、おひたしとか、不定形なもので、隙間を埋められるのだけれど、子供にはちょっと食べにくいので、こういった小物であれこれスキマを埋める。基本的に挿しただけ、切っただけ。

子供のお弁当アイデアを見ると、すばらしいキャラ弁や、かわいらしい造形のおかずがあふれてる。でも正直そこまでの手間はかけられない、かけたくない。でも、ちょっとは子供が反応するものにはしたい。というある程度現実的なラインに落とし込んでると思うのだけど、どうだろう? と思って、くだんのママ友にお弁当の写真を見せたら「やりすぎ。ほんとやめてくんない?」と吐き捨てるように言われた。ごめんなさい。

(次回、11月24日掲載予定です!)

ご紹介いただいた書籍、マンガはこちら!
nikudoriru_syoei
『家で「肉食」を極める!肉バカ秘蔵レシピ 大人の肉ドリル』 松浦達也 (マガジンハウス)winnerkazari_syoei
『かんたん楽しい、食べておいしい!ウインナーのかざりぎりBOOK』 伊藤ハム (アスペクト)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

小沢 高広(おざわ たかひろ)漫画家ユニット「うめ」の原作担当。

過去記事はこちら!

第12皿目 世界初? 肉を焼くゲームを作ってみた

IMG_9499
数年前にゲーム業界を舞台にした『大東京トイボックス』というマンガを描いた。いちおう映像化もしたので、もしかしたら名前くらいは知ってるという人もいるかもしれない。業界の苦労話を中心に描いたせいか、よく「ゲーム会社で働いた経験があるんですか?」と聞かれた。...(2016年12月08日) >もっとみる

第11皿目 出た! 新しい卵ドリル!

tamagodoriru_syoei
待ってた本が届いてた。過去形なのは、数日の間、ぜんぜん気がついてなかったから。本をネコ餌とネコ餌の間にはさまんといてー>Amazon こちらの本だ。     『dancyu』はじめ多くの媒体でフードアクティビストとして、食...(2016年12月01日) >もっとみる

第10皿目 科学的に正しいだしの取り方

onigirigata_gazou
今回もANOVAさんの話をする。   ANOVAを使って、日々、肉や魚をあれこれ調理してみているけれど、なんとなくすべて洋のイメージだった。できたものに日本酒を合わせることもあるけれど、イメージとしては「洋にあえて日本酒を合わせるイメージ」だ。...(2016年11月24日) >もっとみる

第9皿目 ママ友に怒られたお弁当

写真1
今週は、スタッフがお休みの週。こういう週もたまにある。 当然、まかないも作らないので、今回は、子供のお弁当の話をする。 子供が生まれるというのは、人生でも大きな転機のひとつなのは間違いない。 どれくらい大きいって、トーストだってこうなるくらいに大きい。...(2016年11月17日) >もっとみる

第8皿目 温泉たまごを1度ずつ温度をかえて作ってみた

1
「死ぬ前に、何が食べたい?」という質問がある。 このベタな質問に僕は明確な答えを持っている。 『温泉たまご』だ。 想像するに、死に際にあんまり面倒なものや凝ったものは食べたくないだろう。でもあんまりあっさりしすぎて、食べた気がしないのもさびしい。そう考えると『温泉たまご』は悪くないセレクトだと思う。...(2016年11月10日) >もっとみる

第7皿目 どうしてもチャーハンがパラパラにならないあなたへ

IMG_4759rr
料理のTips(秘訣)というのは、あれこれあるけれど、家庭でパラパラなチャーハンを作るTipsほど数多くあるものもめずらしいのではないだろうか。子供のころは、冷やごはんをとにかく強火で炒める、くらいだったように思う。生活ノウハウ番組とネットの普及が拍車をかけたのかな。特別なものを用意せずとも、家にあるものですぐに試せるところが楽しい。...(2016年10月27日) >もっとみる

第6皿目 新兵器の威力を見るがいい

29ON
最近、肉好きのあいだで話題の店、焼かない焼肉屋『29ON』に誘っていただいた。 完全会員制で場所もシークレット! おまけに座席数も少なくて、そう簡単には予約が取れないと噂なのに! これはチャーンス!とメッセージをいただいて数秒で行きます、と回答。...(2016年10月20日) >もっとみる

第5皿目 おいしくて苦手なあのごはん

makanai05r
自分がおいしいと思う食事を人にふるまう、という姿勢はものすごく正しい。 お客さんに提供するものを毎日、自分でもまかないとして食べてなお飽きない、という飲食店店主の話なんかもポジティブなエピソードとしてしばしば聞く。ただ世の中は、往々にして例外はある。...(2016年10月12日) >もっとみる

第4皿目 長女、稲作にハマる

makanai_03_2r
うまいうまいうまーい。新米の季節である。 この前の連休、友人たちと栃木に稲刈りツアーに行ってきた。日ごろ、お米を送っていただいている友人のご実家だ。もちろん、いつものまかないで使っているごはんはすべてこちらで収穫されたお米である。...(2016年10月06日) >もっとみる

第3皿目 ごちそうさまとエゴサーチ

makanai03
あるマンガ家さんと、つまみの美味しいうどん屋さんで飲んでたら、こんなことをこぼされた。 「エゴサーチをして、ネガティブなことを書かれているのを見つけると心底つらい」 だよねー。 お互いデビューしたときは、アンケートハガキだのファンレターだので、感想がくるくらいだったもんね。...(2016年09月22日) >もっとみる

第2皿目 お弁当は少し窮屈

makanai02rr
お弁当作りというのは、ふだんの料理とはいくつか違うポイントがある。 そのひとつが盛り付けだ。 まかないの盛り付けなんて、別に食べられればいいじゃーん、とも思うんだけど、いくら内輪のスタッフ向けのまかないとはいえ、ちょっとは気を使いたい。...(2016年09月08日) >もっとみる

第1皿目 100個の弁当箱

makanai01rr
マンガ家ユニット「うめ」の原作担当の小沢高広さんによるコラム、「マンガ家さんちのまかない」。毎日元気にマンガを描くためにも、小沢さんがおいしい「まかない」を作ります。小沢さんの特製㊙レシピや、マンガ作品の「実際につくってみた」などをお届けします。...(2016年08月25日) >もっとみる



» page top