第8回 本当の戦争漫画「戦争飯」、読書感想文いきます

永江一石の電子書籍ダイアリー

第8回 本当の戦争漫画「戦争飯」、読書感想文いきます

2016年7月12日

さて、本日のお題。先週ですが


というツイート見て、うかうか買ってしまったこの漫画。


戦争めし (ヤングチャンピオン・コミックス)500円

が、非常に面白く、これが真の戦争漫画だなと思ったのでご紹介します。なお、作者の魚乃目三太さんには直接連絡を取って中の部分の使用の許諾をいただいております。Twitter便利!!

戦争漫画というと、自分の子供の頃には貝塚ひろしの

と、明日のジョーのちばてつやの

が双璧でした。前者はまだ脳天気な部分もたくさんあるのですが(南海の孤島の秘密基地だし)、こちらはさすがちば先生。戦争の虚しさや悲しさを描ききってます。完全な反戦漫画です。

で、このエントリーにも書いたように

うちのオヤジのちょっといい話

うちのオヤジは15歳で海軍の予科練にはいり、台湾で「震洋」という特攻のモーターボートに乗っていました。米軍が台湾に行かずに沖縄にいったので死なずに済み、「沖縄の人たちに申し訳ない」って言ってました(まだ存命ですが)。そんなわけで実際の戦闘経験は交代制で島の砲台にいたときに、上空を飛ぶB25に高射砲を撃ったらマグレであたった(確率数百万分の1!!)という1回。このとき基地に戻ったらパイナップル缶が振る舞われたという話を聞きました。海軍はシゴキはあったけどいじめはなかったようです。

しかし、陸軍はアホな大本営によって南海の孤島やインパールやフィリピンに送り込まれ、日本の戦没者230万人のうち7割が餓死ってみなさんは知っていますか?
一発で死ぬならまだしも、何週間、何ヶ月にも渡って飢えたあげく餓死するという苦しさは、耐えがたいものがあったと思います。こんなのまともな戦争じゃありません。軍上層部による自国民の虐殺です。こんな飢えた軍人が何百万人もいたわけで、現地の方にも大変に迷惑をかけたのはわかると思います。今回の安保法案で「また日本がアジアを侵略する」とか妄想の方がいましたが、いまの自衛隊には輸送手段もないのでできるわけもないし、日本人のマインドとして絶対やるわけない。第一、俺が許さん!!!

戦争の小説にはこうした「飢え」をテーマにしているものが多くあります。

昭和58年の直木賞受賞作。これは名作です。シベリアに拘留された実体験を描いたものですが、隠し持っていたカメラと黒パンを交換して、大きな塊を取られまいとして一気に食べてしまって亡くなった人とか・・・かなり悲惨。そしてシベリアに抑留されたのは兵隊だけではなかったという驚き・・・。

フィリピン戦線で食糧が尽きてさまよう鬼気迫る小説。心臓の弱い人には奨めません。

などがあるわけですが、漫画ではなかった。描きにくいということもあるだろうけど、「空腹は最高のスパイス」であるわけで、飢えの中で食べるならなんでも美味しいだろうと・・・
南海の孤島、ブーゲンビル島にたてこもった日本兵に、米軍の食糧パラシュートが落ちてきて、その中から一部を持って逃げ、作ったカツ丼。生きるか死ぬかの中で最後の一食となるかもしれないカツ丼・・・
Screenshot_2015-09-24-09-28-30
泣いてしまいますよ・・・・で、ついカツ丼食べたくなる。

シベリアに抑留されていた後の帝国ホテルのコック長の村上さんが、瀕死の兵士のために「死ぬ前にパイナップルが食べたい」というので冷凍の林檎で作ったパイナップルもどき・・・
Screenshot_2015-09-24-09-30-50

戦争にまつわるご飯話の短編集ですが、戦争は絶対にやっちゃいかんと強く思える作品でした。「飢える」って本当に苦しいと思います。好きなものが食べられる平和って最高です。

(次回は、7月19日掲載予定)

永江一石のITマーケティング日記」2015年9月24日よりhttps://www.landerblue.co.jp/blog/?p=22535


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

永江一石

過去記事はこちら!

第14回 石破さんの「マンガで読む国防入門」が面白すぎてマジで推薦文

以前にちょこっと紹介しましたが、防衛のプロ「石破 茂」さんの原作の漫画が面白く、安保法案でかなりめちゃくちゃなことを言ってるみなさんも、この漫画を読んだら分かりやすいと思いまして、ご紹介します。なお、中の漫画部分の使用はちゃんとインプレスさんの許諾を取りましたので、著作権侵害ではありません。...(2016年08月23日) >もっとみる

第12回 SF小説を読むって事は、想像力が高まるって事。わたしがオススメのSF小説10選

いつも書いてることでございますが、顧客視点を持つために必要な事、いえ、ビジネスにもっとも必要な事のひとつが 想像力を持つ ということでござんすね。 「どうやったらこの商品やサービスは売れるか」 「どういうアピールをしたらユーザーに刺さるか」 「どうしたら社...(2016年08月09日) >もっとみる

第11回 メルマガで質問いただく前にぜひ読んで欲しい本はこちら

価格設定に失敗した不毛なメルマガをやっております。 総合ランキングで上杉隆を上回っているのだけが誇りです。www 当初、「別にお金になんなくても読者が集まらなければ止めればいいや」と軽い気持ちで始めましたが、ホリエモンみたいにきちんとビジネスになるほどの読者数ではなく、ここ1年ほとんど増えたり減ったりのレベルで固定化されている割に、止める...(2016年08月02日) >もっとみる

第9回 三菱自動車の不祥事は、池井戸潤の「空飛ぶタイヤ」を読むとよく理解できる

三菱自動車がひどいです。 ステルス戦闘機の開発や戦車やロケットも作ってる三菱重工業といっしょくたにしてソーシャルでコメントしている人が多いのですが、三菱自動車工業は1970年に三菱重工業から独立していて、人事も全く別(三菱重工業と三菱商事が10%くらいの株を...(2016年07月19日) >もっとみる

第5回 「いま沖縄で起きている大変なこと」読書感想文

先日、こんなエントリー書きまして・・ 朝生見て左系の皆さんにいろいろ聞いてみたいこと 1人も左系の人から回答が来なかったので自分でいろいろ本買って読みました。回答はしないくせに、陰で「駄文だ」とか「ツッコミどころ満載だ」みたいに言ってる左系の方には笑いました。...(2016年06月21日) >もっとみる

第3回 西原理恵子の「いいとこ取り! 熟年交際のススメ」には人生のポイントがたくさんあって泣けた

IMG_2285
いいとこ取り! 熟年交際のススメ 言っとくけどオチは一番下だ!! サイバラさんには以前このエントリーを書いたときにメッセージを頂きまして、ご馳走してもらえることになっております。で、イラスト使用についても許可をもらっていますのでそこんとこよろしく。...(2016年06月07日) >もっとみる

第2回 電子書籍をしっかり考えるポイントはなにか

さて、先週のことですが、古い知人のコピーライターと電子書籍についていろいろ話すことがありまして、そのとき語ったことを 今後、電子書籍はどうなるの という具合にまとめたいと思います。まあ、異論はいろいろあると思いますが、とりあえず私はこう考えてますよってことでひとつの参考にしてください。...(2016年05月31日) >もっとみる

第1回 WEB書店が勝ち残るポイントはこれかな?

23
毎週火曜日は「永江一石の電子書籍ダイアリー」と題しまして、電子書籍にまつわる事柄についてご紹介していきます。WEBコンサルのプロとして、ビジネス成否の責任を負う経営者として、ひとりのブロガーとして……。永江氏の、読書体験や電子書籍所感を語っていただきます。...(2016年05月25日) >もっとみる

非公開: 三菱自動車の不祥事は、池井戸潤の「空飛ぶタイヤ」を読むとよく理解できる

三菱自動車がひどいです。 ステルス戦闘機の開発や戦車やロケットも作ってる三菱重工業といっしょくたにしてソーシャルでコメントしている人が多いのですが、三菱自動車工業は1970年に三菱重工業から独立していて、人事も全く別(三菱重工業と三菱商事が10%くらいの株を...(2016年05月13日) >もっとみる


» page top