#191 テレパシーで、囁く

 あなたのテレパシーが、好き。
 ふと、あなたに呼ばれた気がした。
 待ち合わせをしていたわけではない。
 あなたのことを、考えていたわけでもない。
 突然、あなたに呼ばれた気がした。
 こんなところに、いるわけがない。
 振り返ると、あなたが、微笑んでいた。
 なんだ。
 やっぱり、あなたが呼んだんだ。
 てっきり、自分の幻聴だと思った。
 でも。
 あなたは、呼んでいなかった。
 だって、私とあなたとの距離は、こんなに離れている。
 かなり大きな声で呼ばないと、届かない。
 でも、私が聴いたあなたの声は、囁(ささや)くほど、小さな声だった。
 まるで、耳元で囁かれているように感じた。
 ということは。
 やっぱり、あなたは呼んでいなかった。
 呼ばれていないのに、なんで私は、振り返ったのかしら。
 あなたは、テレパシーで、私を呼んだ。
 それが一番、つじつまがあう。
 それが一番、あなたらしい。
 それが一番、私は好き。
 あなたのよく通る声なら、声で呼ぶこともできるのに、声を出さないで、テレパシーで囁きかける。
 すぐそばまで、近づいてから、声をかけることもできる。
 そうしないで、ちょっと離れたところから、テレパシーの囁きをして、私が振り返るところを、微笑みながら見ている。
 そんなあなたのプレイをしてもらえるのが、好き。



【中谷先生のおすすめ電子書籍TOP3】 紹介記事はこちらからどうぞ



» page top