#192 お肉を食べながら、あなたを思い出す

 あなたを思い出しながら、お肉を食べるのが好き。
 急に、お肉が食べたくなった。
 今日は、ステーキの気分。
 すき焼きでも、焼き肉でもなく、ステーキ。
 横幅よりも、高さがあるような分厚いステーキが、食べたくなった。
 原始時代に戻った気分。
 レアよりも、焦げるくらいのウェルダンが好き。
 焼きましたという感じが、いい。
「結構、ボリュームありますが、大丈夫ですか」
 と、ミニスカートの美人のウエートレスさんが心配してくれる。
 大丈夫。
 塊が、どん。
 肉の焼ける匂いがする。
 手の甲に油が飛んだ熱ささえ、心地いい。
 切れてないのが、いい。
 ナイフで、豪快に切る。
 肉が、ナイフを押し返してくる。
 口に入れるというより、ほおばる。
 かみついたみたい。
 柔らかすぎないのもいい。
「おいしい」というより、豪快に笑っている私がいる。
 隣のカップルが、そんな私の食べっぷりを見ている。
 大食い選手権に出ている気分。
「意外に、スレンダーな人が、ガッツリいくんですね」
 美人ウエートレスさんのミニスカートからキレイに伸びた太モモが見えた。
 ほおばりながら、あなたを思い出している。
 あなたの太さを、思い出している。
 飲み込むのを、しばらくガマンして、味わった。



【中谷先生のおすすめ電子書籍TOP3】 紹介記事はこちらからどうぞ



» page top