#206 プリンセス・クレージーにさせて

 あなたのギャップが好き。
 ギャップを、受け入れてくれる寛大さが好き。
 あなたに、気品を教えてほしいと思った。
 品のある女性に、なりたかった。
 あなたは、気品を教えてくれる。
 最初は、そう思った。
 もちろん、今でも、そう思っている。
 ところが、それだけではなかった。
 あなたは、クレイジーさも教えてくれる。
 あなたは、品があって、クレイジー。
 そのギャップが凄い。
 クレイジーなことを、品よく、してしまう。
 そこが、セクシー。
 私のクレイジーなところを、あなたは引き出させてくれる。
 私がなりたかったのは、品のいい女性ではなかった。
 品があって、クレージーな女性だった。
 プリンセス・クレージーになりたかった。
 気づいた。
 あなたに会うまで、品があるわけでもなかった。
 クレージーなわけでもなかった。
 どちらもない、つまらない女の子だった。
 品だけでも、つまらない。
 クレージーだけでも、つまらない。
 どちらもなくても、つまらない。
 あなたは、品をまとわせてくれる。
 そして、一方で、私の中に抑えていたクレージーさを、出しても大丈夫だよと、やさしく、引き出させてくれた。
 あなたにもらう品のおかげで、私の中のクレージーちゃんが、安心していお散歩できる。



【中谷先生のおすすめ電子書籍TOP3】 紹介記事はこちらからどうぞ



» page top