#218 まだ起きちゃ、ダメよ

 あなたの、寝顔を見るのが好き。
 あなたが、こんこんと、眠っている。
 あなたの寝顔を見ると、どうしてこの人は、こんなにみんなのために、頑張ってくれているのかなって、感じる。
 1秒でも、寝かせてあげたい。
 あなたにかわいがってもらいたい気持ちは、もちろんある。
 それ以上に、あなたを、ゆっくり寝かせてあげたい気持ちが、あなたの寝顔を見たら、湧いてくる。
 あなたと一緒にいる時、朝まで、寝るのは、もったいない。
 と思っていた。
 でも、今は、違う。
 あなたに、少しでも、眠ってもらいたい。
 私の知っているところですら、あなたは、驚異的に働いている。
 でも、それは、私の知っているところでしかない。
 私の知らないところで、知っているところ以上、あなたは働いている。
 そして、明日も、私の知らないところで、猛烈に働く。
 今日の疲れを少しでも、癒やしてほしい。
 明日のエネルギーを、少しでも、回復してほしい。
 今日、一日の付き合いなら、朝まで寝かせたくない。
 あなたは、一生、付き合ってくれる。
 だから、1秒でも、眠らせてあげたい。
「寝ないで、かわいがって」と言えば、あなたは、寝ないで、かわいがってくれる。
 それが、わかっているから、寝かせてあげたい。
 あなたの寝顔は、試合の後のボクサーの寝顔。
 あなたの寝顔は、レースの後のF1レーサーの寝顔。
 それを見れるだけで、いってしまいそうなくらいセクシー。
 だめだめ、まだ起きちゃだめよ。
 カーテンの隙間から、朝日があなたを起こさないように、カーテンの隙間をしっかり閉じた。



【中谷先生のおすすめ電子書籍TOP3】 紹介記事はこちらからどうぞ



» page top