#222 ひざまずいて、熱いお祈りを

 あなたに、ひざまずくのが、好き。
 座るのでもない。
 しゃがむのでもない。
 こうして、あなたに、ひざまずく。
 あなたにひざまずくために、私の膝があった。
 あなたにひざまずいて、見上げた時のあなたが好き。
 このアングルが好き。
 あなたにひざまずいて、あなたに髪を撫でてもらう。
 ヨーロッパの宗教画の中に、入ったみたいな気分になる。
 ひざまずくと、あなたの熱いところが、目の前に来る。
 顔を押し付ける。
 熱い。
 目を閉じる。
 気がつくと、私は、ベルトをはずしている。
 含んでいいですかと、お許しを求めた時には、もう含んでいた。
 お口の中が、熱くなる。
 ひざまずくと、お祈りをしたくなる。
 ひざまずいて、あなたを含んでいると、お祈りをしている気分になる。
 頭の中が、何も考えていない。
 邪念が消える。
 瞑想状態になっている。
 淫らなことをしているのか、清らかなことをしているか、わからなくなる。
 とてつもなく淫らで、とてつもなく清らかなことをしている気分になる。
 宗教画では、お祈りをしている女性は、恍惚としているまなざしをしている。
 お祈りの究極は、恍惚感だった。
 ひざまずいて、あなたを含みながら、美術館で見た宗教画を思い出していた。
 上のほうから、光が差してくるのが、わかった。
 私は、光に包まれていた。



【中谷先生のおすすめ電子書籍TOP3】 紹介記事はこちらからどうぞ



» page top