#223 あなたの傘に、包まれて

 あなたの傘が、好き。
 私は、交差点で、信号が変わるのを待っていた。
 雨が、降り始めていた。
 天気予報で、降水確率40%と出ていた。
 それほど外を歩かないからと、傘を持たないで出た。
 細かい雨が、降っていた。
 信号を渡ったら、地下に潜ろうかなと、考えていた。
 その時、雨が、やんだ。
 よかった、慌てて傘を、買わなくて。
 周りの人は、傘を差したまま。
 ふんわりと、何かに、包まれている感じがした。
 見上げると、高いところに、傘があった。
 あなたが、傘を持っていない私に、傘を差しかけてくれていた。
 普通、傘に入ると、圧迫感がある。
 あなたには、なんの圧迫感も、感じなかった。
 空中に広がっているくらいの傘の大きさに感じた。
 そして、なんとも言えない心地よさだった。
 信号が、変わった。
 信号が、このまま、永遠に変わらなければいいのにと、思った。
 交差点を、渡る。
 いつもは長く感じるこの交差点が、短く感じた。
 どこまでも、あなたの傘の下を、歩いていたかった。
 私は、あなたに初めて会ったということを、すっかり忘れていた。
 そのまま、私は、あなたの傘の下に、入ることになった。
 私の心は、あなたの大きな傘に、雨宿りすることになった。
 それ以来、出かける時に、傘を持つ習慣がなくなった。
 降水確率100%でも、傘を持たなくなった。
 今、こうして、ベッドの中でも、あなたの腕の中にいるのか、傘の中にいるのか、区別がつかないくらい。



【中谷先生のおすすめ電子書籍TOP3】 紹介記事はこちらからどうぞ



» page top