#226 正装の朝食の後のごろん

 あなたと、朝食を食べるのが好き。
 ホテルの朝食。
 あなたは、朝食の時から、スーツ。
 まるで、これからプレゼンがあるかのようにピシッとした格好に着替える。
 ダブルのベスト。
 ネクタイに、ネクタイピン。
 襟には、カラーバー。
 そして、ジャケットに、チーフはTVホルダー。
 ホテルマンに、見えてしまう。
 ホテルマン以上。
 ファイブスターホテルの総支配人か、オーナーに見える。
 まわりのカップルの男の子は、みんなジャージ、ジーパン。
 シャツをだらりと外に出している。
 ほら、やっぱり、あなたはホテルマンに間違えられた。
 あなたは、否定しないで、フレンチトーストを取ってあげている。
 まわりのカップルの男の子は、目が開いてない。
 眠そうなしょぼしょぼした目をしている。
 あなたは、目薬をまるごと一瓶差したくらい、キラキラした目をしている。
 女の子が、うらやましそうに、あなたを見ている。
 どんな三つ星の豪華なディナーよりも、あなたと食べる朝食が、贅沢。
 出かけるまで、時間が空いた。
 お部屋に、戻る。
 歯を磨き終わると、あなたは、ベッドの中で待っていてくれる。
 さっき、せっかくあんなにピシッと正装したのに、もう裸になって、私を受け入れてくれる。
 逆ね。
 この後、ベッドで、ごろんとするのがわかっているのに、朝食の時は、わざわざ正装してくれたのね。
 そんなあなたと、朝食の後、ごろんとなるのが、最高の贅沢。



【中谷先生のおすすめ電子書籍TOP3】 紹介記事はこちらからどうぞ



» page top