#227 枕まで、あなたに惚れる

あなたの、優しさが好き。
ふだんも優しいけど、ベッドの中では、もっと優しくなるところが好き。
女の子の気持ちがわかる。
男性の優しさは、女の子の気持ちがわかるということなのね。
私を、上から抱き締めてくれる。
決して、体重をかけることはない。
密着しているのに、重さを感じない。
枕が斜めになったら、そっと直してくれる。
私は、自分が感じるのが精いっぱいなのに。
えっ。
あなたの手が、私の頭の下にそっと入れられた。
あなたの優しい手が、私の髪を、枕の上のほうに、流してくれた。
どうしてわかったの。
今、私が、自分でしようとしていたことなのに。
枕の肩側に髪を下ろしていると、体の下になって、髪が引っ張られる形になる。
女の子ならわかるけど、男性のあなたが、そんな微妙な感覚を、どうしてわかるのかしら。
そんなところに、やられてしまう。
女の子が、ベッドの中で、男性に求めるのは、強さやたくましさではない。
女の子の心を、気づかってくれる優しさ。
今、髪を頭の上に流さないと、痛いだろうなということを、わかってくれる優しさ。
あなたの中にいる女の子が、さっと感じとってくれる。
だから、安心して、身をゆだねることができる。
2人で1つの枕で、眠る。
あなたが、枕を私のほうに、引っ張って直してくれた。
私のほうの枕が、足りなくなっていることが、どうしてわかったのかしら。
そういうことを、黙ってするんだから。
枕まで、あなたに参ってしまった。



【中谷先生のおすすめ電子書籍TOP3】 紹介記事はこちらからどうぞ



» page top