#229 ベッドシーン以外が、セクシー

 あなたの、「妄想日記」が好き。
 かわいい女の子と、あなたの「妄想日記」の話で、盛り上がった。
 こういう女の子が、好き。
 どのお話が、好きか。
 あれもいい、これもしたい。
 仕事中に読んだら、大変なことになる。
「妄想日記」の話を女の子としているだけなのに、もうその彼女と一緒に、「妄想日記」の中に入ってしまっていた。
 女の子は、みんな「妄想日記」の中に、入ってしまう。
 読むものじゃない。
 入ってしまうのが、「妄想日記」。
「妄想日記」が、わからない女の子もいた。
 それも、ちょっとうれしい。
 みんながわかってしまったら、つまらない。
 自分だけが知っている。
 そして、それをわかってくれる人が、何人かいる。
 それが、ベスト。
「ベッドシーンがないから」というのが、わからない女の子の入れない理由。
 それって、つまらない男の子の感覚。
 気の毒なことに、その子は、つまらない男としかつきあってこなかったのがわかる。
「妄想日記」のいいところは、ベッドシーンでないのに、セクシーなこと。
 ベッドシーンでしか、セクシーを感じることができないのは、つまらない男の子の感覚。
 あなたの凄いところは、ベッドシーンが出てこないけど、こういうのがセクシーっていう感覚を、わかってくれるところ。
 入れるも、濡れるも、いくも、いらない。
 それ以上に、セクシーなものがあるから。
 男としてのあなたが好き、
 あなたの中にいる、女の子も、好き。



【中谷先生のおすすめ電子書籍TOP3】 紹介記事はこちらからどうぞ



» page top