#230 あなたと、目でお話しする

 あなたと、目で話すのが、好き。
 雨が降っていた。
 これから、あなたとお出かけ。
 タクシーを拾いに、あなたがマンションを出た。
 あなたが、振り返った。
(タクシーを止めるまで、中で待ってて)
 あなたが、そう言った。
 はっきり、そう聞こえた。
 頭の中で、プレイバックしてみた。
 あなたは、声を発していなかった。
 なのに、あなたの言葉がわかった。
 優しい音色も、わかった。
(傘、大丈夫?)
 私が、目で声をかけた。
(帽子が、濡れてしまう)
 あなたが、帽子に触れた。
 あなたは、目で話しかける私の声も、聞き取ってくれる。
 凄いことをしているのに、ちっとも凄いことをしている感じすらない。
 それが、凄い。
 どこにいても、あなたは、目で話す。
 私が、目で話していることも、聞き取ってくれる。
 私たちは、目と目で、話し合っている。
 まわりにいる人たちは、私たちが、黙っていると思っている。
 でも、逆。
 いっぱい、お話をしている。
(…………)
 あなたが、エッチなことを言った。
(私も…………)



【中谷先生のおすすめ電子書籍TOP3】 紹介記事はこちらからどうぞ



» page top