#198 あなたの腕の中で、お昼寝

あなたと、お昼寝をするのが好き。
あなたの、腕の中に入る。
包まれる。
ギュッとされているのに、ふんわり感じるのが、不思議。
いっぱい、かわいがってもらおうと思っていたのに、うとうとしてしまう。
もったいないのに、うとうとしてしまう。
もう少し、このまま。
せっかくのあなたとの時間を、寝てしまったら、もったいない。
と、感じながらも、この気持ちよさの誘惑に勝てない。
ふわふわの中でのお昼寝は、思い切り抱かれるのと、優劣つけがたい幸せ。
これは、これで、最高。
ひょっとして、こっちのほうが、好きになってしまうかも。
迷う。
それくらい、気持ちいい。
たぶん、私はもう、眠ってしまっている。
起きているのか、寝ているのか、わからない脳の状態で、気持ちよさを味わっている。
幽体離脱状態。
気持ちよさと、幸せ感が、ゆったりと混ぜられる。
これは、最高のセックス。
目覚めた後、愛されるのも、いい。
目覚めた後、出かけるのも、いい。
このふわふわが、すでに最高のセックスだから。
お昼寝だけで、もったいないなんて、ない。
本寝じゃなくて、お昼寝っていうところが、好き。
ロマンチック。
お昼寝は、本寝より、贅沢な気分。
あなたの腕の中で、浮遊中。



【中谷先生のおすすめ電子書籍TOP3】 紹介記事はこちらからどうぞ



» page top