51q3Le+THtL

サーキットの狼【電子コミック】

サーキットの狼【電子コミック】

著者 ページ数 クチコミ評判
池沢さとし 184ページ ★★★★☆

スーパーカーブームの火付け役

ロータスヨーロッパを操る風吹裕矢は、巷では「ロータスの狼」と呼ばれ、一匹狼で知られる噂の走り屋である。
ある晩、無理やりナンパされている少女に出くわした風吹は、相手の男にレースを挑んで、勝った方が少女を連れて帰るよう勝負を持ちかける。男は走り屋の中でも有名なレーサーチーム、「極道連」のスポンサーであった。男が乗るパンテーラと比べると性能の劣るロータスヨーロッパで、レースを圧勝する風吹。このレースでの出会いが、風吹の運命を左右することになるとは、この時、考えもしなかった……。
少年ジャンプ連載当時の1977年に単行本1100万部を突破し、リアルな車の設定と、少年漫画の熱い展開の融合によって、スーパーカーブームの原点にもなった伝説の熱血カーアクションにして、レース漫画の金字塔。

みんなの感想

◆有無を言わせぬ熱血展開

序盤から設定など気にするな!と言わんばかりの勢いで引っ張ってくるスピーディーなストーリー展開と、反面、しっかりした車の性能についての説明やリアルな描写に引き込まれました。当時のハードボイルドタッチの絵と、少年漫画らしい熱血ストーリーに引き込まれ、登場するスーパーカーの数々にワクワクしたり、小さいころに感じた少年漫画の楽しさを思い出させてくれる作品で、一気に読んでしまった。続編もぜひ読んでみたいと思う。

◆熱血だけど、どこかに清々しさを感じる

取り上げている主題が暴走族や走り屋といった、アウトローな人々を描いている作品で、かなり尖ったキャラクターが登場しているにも関わらず、昨今の漫画と比べても暴力描写がマイルドなのでどこか清々しさを感じられる作品でした。友情、努力、勝利といった少年ジャンプらしいテイストが盛り込まれているだけではなく、ちょっとした恋愛描写や細かい車の描写があったり、読者を飽きさせないようにうまく作られてるなと感じました。

【キャンペーン】
マンガ図書館Z「サーキットの狼(PDF版)」の販売キャンペーン
<期間>
2016年6月1日(水)~2016年6月30日(木)

<商品内容>
1.サーキットの狼PDF(全巻27巻)
2.サイン付き壁紙 ※プレミアム会員の方のみご購入者の名前が入る

サーキットの狼キャンペーンサイト:http://www.mangaz.com/special/circuit

【関連記事】
「サーキットの狼」オリジナル壁紙をセットにした販売キャンペーン展開!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。



» page top