kokuriko

コクリコ坂から【電子コミック】

コクリコ坂から【電子コミック】

著者 ページ数 クチコミ評判
高橋千鶴、佐山哲郎 317ページ ★★★★☆

宮﨑駿監督が絶賛の青春グラフィティ!

佐山哲郎の原作を、高橋千鶴が描いた青春グラフィティ。
高校を舞台に繰り広げられる青春物語。初恋が瑞々しく描かれています。

主人公、小松崎海は、海で遭難した父がいつでも帰って来られるようにと、毎朝、家の前に旗をあげます。
母も海外出張で留守中、海は家事もしながら、妹の空、弟の陸と祖母、下宿人たちと明るく元気に暮らしています。下宿人の北斗を慕っていた海ですが、学校では、生徒会長水沼と新聞部の風間の引き起こす騒動に巻き込まれていく。
次第に風間に心を傾けていく海でしたが、母の帰国で、海と風間の間に、思いもよらぬ出生の疑惑が生まれる。

 

<みんなの感想>

◆青春へのノスタルジー

制服自由化運動とか、生徒会とか、なつかしワードがいっぱいです。
漫画も1980年代の少女漫画らしい描き方です。
高校時代の放課後の風景や、物事に正面から向き合う正義感や、恋に胸ときめかせた想いなど、一生懸命だった青春時代へのノスタルジーで胸がいっぱいになります。

 

◆ジブリ映画と見比べる

宮崎駿監督の息子宮崎吾朗がジブリ映画としてアニメ化した作品でもある。
映画とこの作品の違いや共通点を探しながら読むのも楽しい。
「コクリコ」はフランス語で「ひなげし」のことらしいが、「コクリコ坂」の情景もピュアな物語にマッチしているが、「コクリコ坂」という音の響きにも物語性を感じてしまう。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。



» page top